2018年6月19日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.ロッテ戦でゴロゴーの場面でホーム突入しなかった阪神タイガースの高山俊の走塁判断について元阪神南海の江本孟紀、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 阪神は3回裏にチャンスがありました。

 

高木 そうですね。走塁の部分なんですけども。

 

アナ はい。

 

3点ビハインドの3回裏、無死1-3塁でバッターメッセンジャーの場面

 

高木 江本さん、まずはメッセンジャーが1塁ランナーを2塁に送りバントをして。これで1アウト2-3塁にします。

 

江本 これは絶好の得点チャンスだった。

 

次の打者糸原が前進守備のファースト正面のゴロを打つ

 

高木 ここで僕は3塁ランナーの高山はゴロでスタートしなきゃいけなかったと思うんですけど。

 

江本 うん。してないもんね。

 

高木 してないし、2塁ランナーの梅野がスタートしてたのにビックリして戻る形でしょ。

 

江本 うん。

 

高木 セ・リーグって実力が拮抗しているじゃないですか。だから、こういうところの意思の疎通ができていないと、ちょっと苦しんでくるかなって。

 

江本 結局ね、想定してないね。今の場面なんかは。

 

高木 うんうん。

 

江本 2塁ランナーがビックリしているじゃないですか。

 

高木 そうですね。

 

江本 あの辺をもうちょっと、『このケースはこうだ』っていうのを色々と考えてないと。

 

高木 そうですよね。里崎さんはこういうケースではやっぱりゴロゴーだったと思うんですよ。

 

里崎 はい。普通は行きますよね。だって、アウトになっても僕の責任じゃないですもんね。

 

高木 うん。まあ、そうですよね。

 

里崎 だから、止まるのがあり得ないんですよ。

 

高木 うーん。

 

里崎 あの状況で多分突っ込んでも、アウトだと思うんですけど、それが作戦なんだったら、選手は従ってやらないといけないんで、まずそこをやっていかないとチームとして戦えないですよね。

 

高木 うん。だから、バントもそうでしょ。(※初回に阪神植田は送りバントのサインでスリーバントを試みるも見逃し三振をした)

 

里崎 はい。

 

高木 やれっていうのを見逃すし、走れっていうのを走らないっていうことでは、これはちょっと困った問題ですよね。

 

江本 うーん。ちょっと今日はそういうところがチグハグだったね。

 

高木 そうですねぇ。

 

江本 もう少しね、お客さんが少ないとはいえ。(この日は雨で流れた予備日開催で地震の翌日で雨も降っていたので甲子園はガラガラだった)

 

高木 うん。

 

江本 緊迫した試合をしてもらわないと。

 

高木 そうですね。

 

江本 流れがロッテの方ばっかりで阪神は何しても点が入らないとか。

 

高木 そうですね。

 

江本 まあ、でも、こんな雨の日にあれだけ来たお客さんは本当の阪神ファンだね。

 

 

以上です。

ゴロゴーのサインが出ていたらした方がいいですよね。ただ、ここで本塁突入せずに挟まれて粘ったのでランナーが2-3塁になり結果オーライになりました。

おすすめの記事