2021年7月14日vs.横浜DeNAベイスターズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガンケル―秋山―岩崎―スアレス

横浜 今永山崎―砂田―三嶋

 

阪神の先発ガンケルは2回表にDeNA打線に捕まり桑原にタイムリーを打たれ2失点。阪神は3回裏に近本のソロホームランで1点返す。しかし、4回表もガンケルがピリッとせず今永にタイムリーを打たれ再び2点差。8回表に阪神3番手の岩崎が宮崎にソロホームランを浴び3点差。8回裏の阪神は糸原のタイムリーとサンズの押し出し四球で2点取り1点差とする。阪神の反撃もここまで。3-4で阪神の負け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―横浜の先発・今永について

矢野 (前日の先発の)坂本の時と同様にボール球を振り過ぎている。まあ、それぐらい腕の振りがいいし、横から見るほど簡単じゃないと思うけど、1人が1球ずつ見逃す事による積み重ねで変わってくるもんだ。

 

―8回裏の満塁の場面で三振の佐藤について

矢野 そりゃあ勝負だからやられる事もあるし、結果を受け止めてやっていくだけです。

 

―先発のガンケルについて

矢野 ちょっと状態が悪かったかな。コーナーを突いたボールが甘くなったり。それにしてもピッチャーに打たれたのはもったいない。

 

―中継ぎ登板の秋山について

矢野 中4日だけど秋山が「いきます」と言ってくれたから空気が変わった。

 

―スタメン落ちのマルテについて

矢野 試合前にどこかを痛めたらしく大丈夫ならスタメンで出したけど、大丈夫じゃないからベンチスタートになりました。でもあそこ(8回裏のチャンス)で存在感を示してくれたね。

 

 

以上です。

弱いですね。
おすすめの記事