2019624日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で先発し8回途中2失点で移籍後初勝利をあげたオリックスバファローズの竹安大知について元横浜の平松政次、元日ハムの岩本勉、元横浜の斎藤明雄がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



竹安のヒーローインタビューの一部

―今日のピッチングについて

竹安 前回はカウントを悪くして打たれたのが多かったで、どんどん自分のピッチングをして投げれたのが良かったと思います。

 

―移籍後初勝利

竹安 嬉しいです。

 

―今後に向けて

竹安 チームはどんどん乗っていっているので、勝利を積み上げていって優勝目指して頑張ります。

 

 

平松、斎藤、岩本が語る

この日の竹安の投球内容
7回0/3 98球 被安打5 奪三振6 四死球3 失点2
移籍後初勝利!

 

アナ オリックスがヤクルトに快勝。竹安投手が8回途中2失点で移籍後初勝利となりました。

 

岩本 FA移籍に伴う人的保障でオリックスに移籍した投手がプロ2勝目。平松さん、まだまだ24歳の若手なんですけど、どうご覧になっていますか?

 

平松 自分の形ができていますよね。立ち上がりは自分の得意なスライダーで攻めていくんですよ。これでストライク先行でいける。このスライダーが物凄くいいボールです。そのスライダーを使って追い込んでから、決め球のフォークで仕留めるというピッチングの形が出来上がっていますよね。

 

岩本 はい。

 

平松 この形で安定感があって、本人も自信を持って投げているんで、こういう形があるのであまりピッチングが暴れないですよね。今日はフォアボール1つとデッドボール2つがありましたけど、カスッたようなデッドボールとかなんでね。ギリギリのコースを突いたりしていたのでコントロールには自信があるんでしょうね。これからもかなりやれるような気がしますね。

 

 

岩本 上から投げ下ろすタイプですよね。

 

平松 まあ、ちょっとスリクォータータイプかな。

 

岩本 あっ、そうですか。その分、スライダーもアングルが合ってよく曲がるんですかね。

 

平松 そうでしょうね。

 

岩本 明雄さんは竹安のピッチングをどうご覧になりましたか?

 

斎藤 緩急を使えるし、バッターに対して攻めていけるピッチャー。それで意外と力感がなくて低めを丁寧に突いていくというスタイルなので、平松さんが言われるようにフォアボールで自滅するタイプではないですね。私は特にフォークのキレが良かったと思いますね。

 

岩本 はい。スライダーがあって、そしてしっかりと落差のあるフォークボールもあって。

 

斎藤 フォークは高めからグンっと落ちる。一瞬ボールに見えたようなフォークもあって体が浮いたような空振りをしている選手もいましたね。

 

岩本 はい。投げる体力もありそうですし、中盤から後半に向けてそんなに体力が消耗したように見えなかったですね。

 

平松 見えない見えない。そんなに力投しませんし、球数もたくさん投げるタイプじゃないんでね。まあスタミナも十分あるでしょうし、4回ぐらいからはストレート中心の投球に変えていたんでね。そういう切り替えの上手さも出来ていますんで、これから使われていくんじゃないかなと思いますね。

 

岩本 バッターを抑える引き出しをいくつも持っているように見えましたよね。

 

平松 そうですね。

 

岩本 今後の登板が楽しみです。

 

 

以上です。

フォークがめちゃ落ちていました。
おすすめの記事