2021年8月27日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で今季2度目の完封でパ・リーグトップタイの11勝目を飾ったオリックスバファローズの山本由伸のピッチングについて元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



山本のヒーローインタビューの一部

山本 とにかくソフトバンクは強打者が多い打線なので、一発だったり長打に気を付けて勝負しました。1勝1勝積み重ねて、とにかくチャレンジャーの気持ちで皆さんと一緒に勝ちましょう。またよろしくお願いします。

 

 

山本を語る

この日の山本の投球内容
9回106球 被安打4 奪三振9 四球0 失点0
今季11勝5敗 防御率1.64(8/27の試合終了時点)
今季2度目の完封!

 

稲村 オリックスがソフトバンクとの接戦を制しましたね。

 

野村 やはり山本由伸。平松さん、今日の試合では9回表 2アウト1塁で柳田との勝負です。ここが見所でいい勝負だったんですよね。

 

平松 そうですねぇ。インサイドのちょうど振りたいコースにフォークを落としてるところなんかね。そしてアウトコースのストレートも投げてますけど、まず手が出ませんよ。

 

野村 はい。

 

平松 それぐらいストレートが速い、フォークが落ちる、スライダーがコースに曲がってくる。まあ、打ちようがないわね。

 

野村 うーん。

 

平松 ノリにノッてるという、今プロ野球ではナンバーワン。もちろんオリンピック日本代表のエースでしたからね。

 

野村 うんうん。

 

平松 それだけのものを持って投げてますよ。見事なもんです。

 

野村 柳田との勝負を見ても、真ん中に甘い球が1球だけであとは打てるよう球がなかったですよね、苫篠さん。

 

苫篠 本当にあの1球だけですよ。柳田の表情が見ても分かりますよね(笑)

 

野村 いい勝負を見せてもらいましたね。

 

 

以上です。

ナンバーワン。
おすすめの記事