2021年8月27日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で6回無失点から7回に3発のホームランを浴び敗戦投手となった東京ヤクルトスワローズの奥川恭伸について元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の奥川の投球内容
6回2/3 93球 被安打5 奪三振3 四球0 失点3
今季5勝3敗 防御率3.89(8/27の試合終了時点)
まさかの三者連続の被HRで敗戦・・・

 

稲村 ヤクルトはDeNAに敗戦です。

 

野村 平松さん、何と言ってもDeNAは3連発のホームランですよ。

 

平松 そりゃ甘いボールが来たら打てるバッターが揃ってますからね。

 

野村 はい。

 

平松 それで奥川は7回に宮崎にスライダーをホームランされましたよね。それまでにスライダーで危ない球が4球ぐらいあったんですけどキレで何とかなった。だから、7回にボールのキレがなくなってきて危ないなあというところで宮崎に打たれ、そしてフォークでも危ない球が何球かあったんですよね。

 

野村 うんうん。

 

平松 そういうところを踏まえて7回に危ないボールが続いたというところで、DeNAの打線が爆発したというところでしょうね。

 

野村 なるほど。苫篠さん、奥川は7回ぐらいからボールが浮き始めたのかもしれないですね。

 

苫篠 そうですね。僕の記憶の中では、今シーズンのホームランは全員右バッターです。左には打たれてないんですよ。

 

野村 うーん。

 

苫篠 確か宮崎には2本目なんですよね。ホームランが全員右バッターという事の原因は僕にはちょっと分からないんですけどね。

 

野村 まあ、何か傾向があるかもしれませんね。

 

苫篠 はい。

 

野村 いいピッチングをしていただけにね。

 

 

以上です。

2年目なんで課題は多いでしょう。
おすすめの記事