2021年8月27日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で7回無失点で2勝目を飾った横浜DeNAベイスターズの京山将弥のピッチングについて元横浜の平松政次と元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



京山のヒーローインタビューの一部

京山 一人一人バッターをしっかりと抑えるというのを考えながら投げました。今日のピッチングをもっと続けられるように頑張っていきたいと思います。

 

 

京山を語る

この日の京山の投球内容
7回92球 被安打2 奪三振7 四球0 失点0
今季2勝3敗 防御率5.09(8/27の試合終了時点)
燕打線を翻弄!

 

稲村 DeNAがヤクルトに勝利しました。平松さん、この試合の熱視線はどこでしょうか?

 

平松 ヤクルト打線を抑えたナイスピッチングの京山なんですよね。

 

稲村 はい。

 

平松 8回9回投げて完封できましたよ。危ないところが全然ないんですから。ヤクルトの先発の奥川も良かったんだけどね。今日の京山のアウトコースのストレートはまず手が出ないでしょうね。ストレートのキレ、伸び、そしてフォーク、それからスライダーにカットボールと4種類ぐらいしか投げないんだけど、素晴らしいボールを投げていましたからね。

 

野村 えぇ。

 

平松 ストレートも150ちょっと出てましたし、ボールもかなり速いです。そして高めに浮かないんですよね。低めに低めにコースに投げますから、なかなか打てない。今日の塩見なんかは3三振ですから、それぐらいヤクルトは「やられた」という感じでしょうね。

 

野村 平松さん、あとはDeNA打線の3連発ですけど、あそこは素晴らしい攻撃でしたよね。

 

平松 そりゃね、打てるバッターが揃ってますもん。

 

野村 はい。

 

平松 甘いボールが来たらね。

 

 

以上です。

ここから奥川の話になるので終了しました。
おすすめの記事