2018年4月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でチームを3連勝に導いて今季初勝利の日ハムの村田透について元横浜の平松政次、同じく元横浜の野村弘樹、元中日の立浪和義が語っています。ちなみにこの日の村田の投球内容は8回96球、4安打、3奪三振、1四球、1失点でした。

 



平松 2017年の村田は1勝しかしてないんですね。そういうところで今年は早めに先発をさせてもらったんでね。今日の村田のピッチングはかなりボールが動いているんですよ。野村さん、ストレートというのを。

 

野村 あまり投げていないですよね。

 

平松 投げていない。緩い変化球なんかを使っていてね。

 

野村 そうなんですよ。変化球を、緩いボールを含めて、そしてシュートもそうなんですけどツーシームをストライクゾーンの中で若干甘いんですよね。ただ、低いところで少し動かすのでそういったピッチングが出来たなと感じましたね。

 

平松 そうですね。立浪さんね、アメリカに行っていたので逃げたいという気持ちが全くないですよね。向かって行って投げていますよね。

 

立浪 はい。バッターからしたら両サイドにボールが動いて、更にこのように緩急があるピッチャーというのは低めに、そしてコースにくると中々打てそうで打てないという非常に厄介なピッチャーですよね。

 

平松 こうやって早めにチャンスを貰って2017年はあまり勝てていないだけに何とか今年はっていう意気込みが見られますもんね。

 

野村 そうですね。それで自信を持って投げているように見えましたね。だから、小さい変化も含めてストライクゾーンで勝負できるんだという思いで投げ込んでいるんだろうなと感じました。

 

平松 まあ、昨年の1勝から今年はこの早い時期での1勝ですから本人はやる気になるでしょうね。

 

 

以上です。

去年、村田はアメリカから帰ってきましたが思うように活躍できずに今年は期する思いがあってでしょうしこれからも頑張らないといけません。

おすすめの記事