2019年3月3日にNHK総合で放送された『サンデースポーツ2020』で金本知憲と松井稼頭央が平成における野球界での名勝負をNHKアナウンサーの大越健介と共に語っています。

 



金本知憲が選ぶ名勝負

金本は平成2年のオールスター第2落合博満VS野茂英雄で落合が高めのストレートをレフトスタンドにホームランしたシーンを挙げる

 

大越 金本さんのこの頃はプロ入り前の学生だった頃ですよね。

 

金本 そうですね。

 

大越 この勝負を選ばれたのはどうしてですか?

 

金本 この時に中日の与田さんから西武時代の清原さんがホームランを打っていたんですね。

 

大越 はい。

 

金本 この年のゴールデンルーキーの二人から落合さんと清原さんがオールスターで同じホームランを打つっていうのはね。競演といいますか、スゴく夢がありましたね。

 

大越 自分もこの世界に、プロに入ってやりたいと強く思いましたか?

 

金本 いや、その時はプロ野球に入れないと思ってたんで(笑)

 

大越 あっ、そうなんですか?

 

金本 はい(笑) まあ憧れだけですよね。

 

 

松井稼頭央が選ぶ名勝負

松井は松坂大輔が西武に入団した平成11年の松坂VSイチローの初対決で松坂が3打席連続三振に抑え「自信が確信に変わった」と試合後に松坂が語った勝負を挙げました。

 

 

大越 松井さんはこの時にショートで試合に出てましたよね。

 

松井 そうです。後ろで見てましたね。まさかあのイチローさんから、三振1つ取るのも大変なのに3つもね。僕も見たことがないので。

 

大越 うーん。

 

松井 いやぁ、とんでもないルーキーが来たなと思いましたね。

 

大越 三振後にはイチロー選手はかなり悔しい表情をしてましたね。

 

松井 そうですね。イチローさんもルーキーの大輔が入って来たというので、どういうピッチャーなのか楽しみにしていた中で三振ですからね。

 

大越 スゴいですね。

 

松井 僕も一ファンとして見てました。

 

大越 あっ、守りながら(笑)

 

松井 はい(笑)

 

 

以上です。

おすすめの記事