2019414日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で起こった千葉ロッテマリーンズのバッテリー松永昂大と田村龍弘のとんでもない暴投、悪送球を元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に解説しています。

 



場面

ロッテ1点リードの7回裏2アウト1-3塁の場面でピッチャー松永がとんでもない暴投で同点に追い付かれ、その後に7回裏2アウト1-2塁の場面の三盗でキャッチャー田村が悪送球。これで勝ち越されロッテは逆転負け。

 

 

江本 高木 岩本が解説

アナ 日本ハムが逆転で3連勝です。岩本さん、ちょっとロッテにバッテリーミスが目立ってしまったかなと思うんでけど。

 

岩本 はい。スゴく目立っていました。そしてそれはスゴく野球の流れを傾けるんですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 豊さん、驚きの連続でした。この暴投もまさか松永がスリップでもなく、もうとんでもないところに投げたじゃないですか。

 

高木 そうですねぇ。まあ2アウトを簡単に取ってただけに1-3塁になって急にプレッシャーを感じたというかね。暴投のあとに日本ハムは足を使ってくる。ちょっとした隙も見逃さない日本ハムは試合巧者だなというのが分かりましたよね。

 

岩本 なるほど。

 

高木 だから日本ハムの方がやっと歯車が噛み合ってきたこの3連戦だったかなと思いますよね。

 

岩本 でもキャッチャーの田村までもが3塁へ悪送球をしちゃったじゃないですか。

 

高木 走ってくるということが完全に頭になかったですよね。

 

岩本 江本さん、ああいうことが起こったときにマウンド上で切り替えって必要だと思うんですけど。

 

江本 うーん。

 

岩本 今日の松永はそれが出来ずじまいでそのまま畳み込まれた感じがあったんですけど。

 

江本 まあさっきから言ってるように妙なプレッシャーがかかってきてるよね。ロッテはチーム状態が悪いでしょ。

 

岩本 そうですね。

 

江本 だから、こういう一つのプレーで悪循環になっていくんですよね。

 

岩本 はいはい。

 

江本 よくあることですよね。

 

高木 江本さんがピッチャー側からすると、松永のとんでもない暴投はどう解説するんですか?

 

江本 「お前アホか」って。

 

一同 ハハハ(爆笑)

 

江本 まあ暴投を投げたことはないこともないけどね。

 

高木 でも10でまだ勝ってるときにあれで同点になったんで見てる方が意表を突かれましたよ。

 

江本 やっぱり握りが甘かったとか、一瞬にして力が入ったとか。まあそういうことでしょうけどね。

 

 

以上です。

とんでもない暴投でした。
おすすめの記事