2018年5月にCBCテレビで放送された「サンデードラゴンズ」で中日ドラゴンズの大野奨太と元中日の監督の谷繁元信が対談しています。中日の投手陣について熱く語り合っています。

 



松坂について

大野 (松坂が投げると)チームの雰囲気が変わるというのを感じるんで球場で投げている姿をファンの人たちが見て頑張れという声援を送っている時の球場の雰囲気が他のピッチャーとは違うと感じますね。

 

谷繁 今までの松坂じゃない松坂が少しずつ出始めたなっていう。

 

大野 はい。

 

谷繁 昔の松坂は相手バッターを迫力で押し込んでいくスタイルで、今はフォームを変えずに腕をしっかり振りながらも少しタイミングをずらして相手バッターを抑えている。

 

大野 チーム全員もなんとか松坂さんに勝たせてあげたい、それに乗ってチームが良い方向に行くんじゃないのかなと感じさせるピッチャーだと思いますね。

 

 

小笠原慎之介について

大野 勝つためにチームに一人絶対的なエースが必要だと思っているんで、慎之助を候補に挙げていて。

 

谷繁 僕が監督の時に絶対的なエースになれる可能性があると思ってドラフトで指名したわけですから、そこはなんとかエースに育ててもらいたい。

 

大野 質の良いボールも投げるし、周り見ている人たちに何も言わせないピッチングをしてほしい。

 

谷繁 まあ、慎之助を見ていて、やられるパターンというのはまず立ち上がり。立ち上がりがあまり得意じゃない。じゃあ、立ち上がりが悪いというのはゲームに入るまでの準備の段階で違う準備をやらせてみるとかね。

 

大野 はい。

 

谷繁 だから、毎回同じことを準備していても俺はダメだと思う。絶対に変えなきゃいけないと思う。

 

大野 はい。

 

谷繁 あとは100球前後で必ず今はやられている。俺はやっぱり原因はスタミナだと思う。試合で投げ切るスタミナがないと思う。だから、そこは徐々にスタミナをつけないといけないし、慎之助とちゃんとコミュニケーションしならがら課題を克服してほしい。

 

大野 はい。

 

 

柳裕也について

大野 偏りがちというか、球種が偏る、コースが偏る。

 

谷繁 うん。

 

大野 やっぱり苦手なコースがあるので、そこに投げ切ることが出来ずに。

 

谷繁 まあ、右バッターのインコースだよね。

 

大野 はい、そうですね。

 

谷繁 どうしても右膝が外側に出る。サード側に。下半身と上半身のバランスが合わないと引っ掛けてしまうとか、抜けてしまう。

 

大野 バッターにとっては1つボールカウントが増えて狙い球が絞りやすくなるというのはあるので、その課題を克服しないといけない。

 

谷繁 うん。俺はだいたいピッチャーが良い状態のイメージをいつも頭の中に入れている。実際に投げている姿と頭の中のイメージがしっかり一致していたら何も言わない。

 

大野 はい。

 

谷繁 それがイメージと少しでも違ったりすると「ここがこうなっている」と技術的な事に関しては伝えてあげる。そういうところも見てあげればいいと思いますね。

 

大野 はい。

 

 

笠原祥太郎について

大野 笠原はポテンシャルも高くて球の質も僕の中ではかなり良いと思っているんですけど、ちょっと気持ちの部分で優しすぎるところがあるので。

 

谷繁 メンタルが?

 

大野 はい。

 

谷繁 それはあれだね。根性論を植え込まないとダメだね。

 

大野 特にピンチになった時や四球を出した後とかに気持ちの弱さがマウンド上で出てしまう。

 

谷繁 うん。

 

大野 もっと自分に自信を持って投げてほしいです。

 

 

鈴木翔太について

大野 やっぱり四球から崩れてしまうというのを本人も課題として持っていますし、そこの改善をしないといけない。

 

谷繁 俺の経験上、(四球を出すなと)言うと絶対に逆効果になる。だから、俺はピッチャーには何も言わないようにしていた。

 

大野 はい。

 

谷繁 もう逆で「思い切って四球を出せば?」と言って「その代わり力を抜くな 思い切り腕を振って投げろ」と。そういうのもキャッチャーの仕事だと思う。

 

大野 はい。

 

谷繁 あえて逆の事を言ってあげるのも必要じゃないかと思う。

 

 

岩瀬仁紀について

大野 ずっと受けたいと思っていたピッチャーだったんで、光栄に思いながらずっと受けさせてもらっているんですけど、18.44メートルの空間の使い方が他のピッチャーと違い過ぎて、あの空間を自分のものにしちゃっているというか。

 

谷繁 ほー。まあ、ピッチングというか抑え方というのは知っているよね。

 

大野 はい。どこへ投げたらバッターが嫌がるかを知っていますね。

 

谷繁 うん。

 

ここで岩瀬の取り扱い方の話になる

 

谷繁 まあ、ほぼ無視。

 

大野 (笑)

 

谷繁 ほうっておく!どこかが悪かったら「気付いてくれ!」というオーラを出す。(顔色を見て)これくらいなら大丈夫かなという時はもう無視(笑) それが取り扱い説明書(笑)

 

大野 (笑)

 

 

谷繁から中日投手陣と大野への提言

谷繁 やっぱり自分たちで考えて投げないとダメだと思うのね。「キャッチャーが誰であれ自分のピッチングが出来るようにしとけよ」と。

 

大野 はい。

 

谷繁 そこを大野にも言い続けてもらいたい。自分も完璧じゃないから、大野選手も全てが正しいわけではない。だから、そこはピッチャーと意見を交換しながら、最終的には誰がキャッチャーでも抑えられるピッチャーに育てていくっていう思いを持ってほしい。

 

大野 はい。

 

 

以上です。

キャッチャー谷繁がいたらだいぶ楽なんでしょうけどね。

おすすめの記事