2018年6月18日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.日ハム戦で先発した福井もイマイチな内容で試合が作れず不安定さが露呈している広島カープの先発陣についてヤクルトで監督をしていた真中満、元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



【最近7試合の広島の先発投手】

勝敗先発投手被安打失点
6/12福井654
6/13岡田4回1/358
6/14フランスア5回1/354
6/15大瀬良467
6/16-ジョンソン631
6/17九里964
6/18福井564

 

真中 カープの先発陣が心配です。まあ、今日は福井が打たれたんですけど、ゲームがなかなか作れない先発陣が続いているんですよね。これについて笘篠さんは感じることはありますか?

 

笘篠 昨日(6/17)は九里が素晴らしいピッチングをしてくれましたけども、中継ぎもそうなんですけど、先発ピッチャーが少し足りないという考えを監督はお持ちなんですよね。

 

真中 そうですよね。

 

笘篠 基本的には野村が帰って来て、ジョンソン・野村・岡田・大瀬良ですよね。まず、これがキッチリと回ることが大前提なんですよね。そこに九里であったり、みんなでカバーし合うという。でも、ちょっと心配ですよね。

 

真中 まあ、先発がなかなかゲームを作れないので中継ぎに負担がきてるじゃないですか。中継ぎがどうしても登板過多になってしまって、何か調子が上がってきていないなという。

 

笘篠 そう。今年は8月以降に元気なチームが優勝するという感じがするので、そこまでどういうふうにピッチングスタッフが状態とメンバーを作れるかがポイントですね。

 

真中 ガンちゃん、この防御率はどうですか。カープはワーストなんですよね。

 

【広島カープの交流戦チーム防御率】

全体5.60 (12球団ワースト)

先発6.36 (12球団ワースト)

 

 

岩本 苦しんでいますよね。近年、常勝チームとなっているカープにしてはちょっとビックリの数字なんですけども。まあ、ここからでもどんどん数字を変える事も出来ますし、若いピッチャーもスゴくチャンスだと思います。

 

真中 うん。出て来てほしいですよね。

 

 

以上です。

カープの先発が不安定過ぎて燃えまくってる感じですね。中継ぎも苦しい状態ですのでセ・リーグが今後どうなるのか予想できません。もうどこが優勝してもおかしくない状態です。

おすすめの記事