2018年6月19日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.楽天戦で相手の先発古川に抑え込まれて苦しい打線事情の横浜DeNAベイスターズについて元阪神南海の江本孟紀、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 今日も筒香選手がスタメンから外れました。

 

高木 そうですね。まあ、怪我人が多いちゃ多いんですけども。

 

アナ うん。

 

高木 ちょっとこの打線を見ると江本さん、ちょっとキツイですかねぇ。

 

横浜DeNAベイスターズの6月19日のスタメン

1番 ライト 神里

2番 センター 桑原

3番 ファースト 佐野

4番 サード 宮崎

5番 セカンド 山下

6番 キャッチャー 戸柱

7番 レフト 関根

8番 ピッチャー バリオス

9番 ショート 柴田

 

江本 いやぁ、キツイ。ここかにきてねぇ。まあ、怪我人が出ると戦力はどないしても落ちますからね。

 

高木 そうですね。

 

江本 筒香はどうなん?もうボチボチかな?

 

高木 今日は代打で出て来ましたから、まあ、交流戦明けにはスタメンで出ると思いますけどねぇ。

 

江本 まあ、筒香のチームだからね。結局、打線はね。

 

高木 そうですねぇ。里崎さん、キャッチャーから見てこれは。

 

里崎 そうですね。この並びだとやっぱり楽ですよね。

 

高木 クリーンナップがね。

 

里崎 まあ、打たれる打たれないはありますけど、準備するのとプレッシャーをあまり感じないですよね。

 

高木 そうですねぇ。

 

里崎 やっぱりロペス、筒香、宮崎のクリーンナップがバシッとハマる前に神里とかが入るから生きてくるんですけど。

 

高木 うん。

 

里崎 これじゃ、あんまり厚みがない分ね。でも、ここが踏ん張りどころですよね。

 

高木 そうですね。みんなが揃ってくるといいんですけどねぇ。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

ロペスと筒香が抜けたらさすがにキツイですね。梶谷もどっか行ってるようなんでどうにもならないですよね。苦しい。

おすすめの記事