2018年6月19日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で5打数4安打、2盗塁で大活躍の田中和基について元阪神南海の江本孟紀、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の田中の打撃内容】

1打席目 ショート内野安打

2打席目 セカンド内野安打

3打席目 ピッチャー内野安打

4打席目 レフト前ヒット(打点1)

5打席目 ファーストゴロ

盗塁2 シーズン打率.319 (6/19の試合終了時点)

 

 

アナ 今日で1番に座ったのが7試合目の田中選手が5打数4安打と大活躍でした。

 

高木 まあ、勝利投手の古川をアシストしましたけども。

 

アナ はい。

 

高木 里崎さん、いい選手になってきましたね。

 

里崎 そうですね。ノーステップ打法がしっくりしてきましたよね。

 

高木 はい。

 

里崎 そして、足もありますし。この田中とピッチャーの古川という若い力が生きてくればここから楽天は巻き返せる準備はありますよね。

 

高木 そうですね。江本さん、田中はスイッチヒッターです。

 

江本 ねぇ。だから、楽天はもうちょっと上に行ってもおかしくないんだけど。

 

高木 そうですよね。

 

江本 監督が辞めたとかってなると急に元気になるチームだけどね。

 

アナ フフ(笑)

 

高木 それが楽天の特徴ですか?(笑)

 

江本 うん。まあ、前もそういう人がいましたよね。

 

高木 前もいました(笑)

 

江本 ずっとBクラスだったのに急に2位になったりしてね。

 

高木 そうですね。

 

アナ ハハハ(笑)

 

高木 あんまりウケないように(笑)

 

アナ はい(笑)

 

 

以上です。

エモヤンが言いたい放題です。この日のは3試合だけだったので時間に余裕がある時のエモヤンは色々とぶっちゃけるので面白い話を色々としてくれますね。

おすすめの記事