2018年6月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.日ハム戦に勝利し交流戦の最高勝率が決まった東京ヤクルトスワローズについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【6/17までのヤクルトの交流戦のチーム成績】

12勝5勝率.706、打率.253(7位)、防御率3.34 (5位)

 

【ヤクルト小川監督のコメント】

小川 本当に選手みんながよく頑張ってくれたなという、その一言に尽きると思います。まあ、一番はピッチャーが頑張ってキャッチャーの中村が引っ張っていったというのも非常に大きくてパ・リーグの強打者相手に怯む事なく攻めていった結果じゃないかなと思います。パ・リーグ相手に勝ち越せたのは非常に大きいし、これから後のペナントレースを戦う上で非常に力になるんじゃないかなと思います。交流戦が終わっても戦いに関しては同じなので一戦一戦必死になって戦っていくという姿勢は変わりなくやっていきたいと思います。

 

 

アナ ヤクルトが見事に交流戦最高勝率チームに輝きました。

 

岩本 はい。交流戦が始まる前にセントラルリーグの最下位に甘んじていたヤクルトスワローズです。借金も9つあったんですよ。交流戦という節目で一気にチーム状態を上げてきたと。

 

アナ うーん。

 

岩本 小川監督のインタビューの声もちょっと弾み気味といいますかね。普段は寡黙な監督なんですけども、ちょっと滑らかに感じましたね。江本さんはどうですか。このヤクルトの大躍進。

 

江本 よう分かりませんね。

 

岩本 ハハハ(笑)

 

アナ え?(笑)

 

江本 いやぁ、何でこんなに勝てたのかなって(笑) やっぱり力はあるんですよ。だから、普通のシーズンでもしっかり頑張ってくれと言いたいですね。

 

岩本 なるほど。豊さんはどうですか?

 

高木 ピッチャーが頑張りましたよね。

 

岩本 はい。

 

高木 特に先発もゲームを作りますし、中継ぎ陣が崩れなくなりましたし、何か方程式が出来上がりましたかね。ある程度ね。

 

岩本 中継ぎ陣でもラッキーボーイも生まれていますよね。

 

高木 そうですね。

 

江本 抑えの石山はずっといいでしょ。

 

岩本 はい。

 

江本 だから、ゲームの格好はついてきているんですよね。

 

高木 昨日、投げた外国人投手のカラシティがいるでしょ。あのピッチャーが交流戦で1番勝っているんじゃないですか。4勝ぐらいで。そういうラッキーボーイも生まれてきているし、軸になるピッチャーも出て来ましたよね。

 

岩本 ヤクルトはリーグ戦の再開が楽しみですね。つば九郎も週末に札幌ドームでソワソワして。

 

アナ そうなんですか?(笑)

 

高木 つば九郎、出て来ないでいい時に出て来るね。あいつ。

 

アナ そんなこと言わないであげてください(笑)

 

高木 いや、向こうが真剣にやっているのに何か茶々入れてきて(笑)

 

 

以上です。

ヤクルトがまさかの交流戦の優勝です。リーグ戦のボロボロさは何だったんでしょうか。中継ぎとかピッチャーがしっかりしてくると強いですね。

おすすめの記事