2018年11月3日にテレビ東京で放送された「SPORTSウォッチャー」でオリックスバファローズの西勇輝がフリーエージェント権の行使について少しだけ語っています。東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大、番組MCビビる大木とテレビ東京アナウンサーの鷲見玲奈とセルジオ越後と共に語っています。

 



大木 則本投手から西田投手への質問です!『FAするの?』ということですけども、西投手いかがですか!?

 

西 そうですね。まあ、今日この番組に出演するに当たって、この話題を振られると思ったんですけど。

 

大木 はい。

 

西 なんなんですかね・・・。よく考えたいと思います(笑)

 

一同 ハハハ(笑)

 

大木 よく考えたい(笑)

 

西 はい。

 

大木 ということは、やっぱり他球団の評価が気になるという気持ちもあるということですね?

 

西 まあ、少しはやっぱりあります。嘘もつきたくないですし。

 

大木 まあ、プロとしてはそういう気にはなりますよね。他球団の目というのは当然気にしますよね。

 

西 そうですね。やっている以上はそうだと思います。

 

大木 記事に出ていたんですけど、阪神が4年20億円なんていうのもあったんですけどね。

 

西 ハハ(笑) ありがたいですね。

 

セルジオ 則本選手とは仲がいいじゃん。だったら楽天に行けばいいんじゃないの?

 

則本 いやぁ、是非来てほしいですけどね。そうしたらいつでも釣りに行けるんで。

 

アナ 則本投手は西投手に来てほしいと?

 

則本 まあ、これだけ仲良くさせてもらっているんで、一緒にプレーできたらなと思いますけど。

 

大木 それはもう仲が良かったら最高ですよね。

 

則本 はい。

 

アナ あと、西武から楽天に移籍した岸投手も則本投手が呼んだという話が。

 

大木 え!?

 

則本 いや、呼んだかどうかは分からないですけど、まあ仲良くさせてもらっていて、それで岸さんも地元でプレーしたいということもあったんで、是非ということで。

 

大木 ということは、西投手のFAが解禁になったら則本投手が誘う可能性もなきにしもあらずですか。

 

則本 ハハハ(笑)

 

 

以上です。

移籍なのか残留なのか。

おすすめの記事