2018年7月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.ロッテ戦で9回裏の土壇場で同点の3ランを放った福岡ソフトバンクホークスの上林誠知の芸術的なバッティングを元横浜の平松政次、元近鉄西武の金村義明、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。試合結果は最終的にソフトバンクがサヨナラ勝ちしました。

 



【上林のヒーローインタビューの一部】

上林 (ホームランで)同点になってしまったので、延長になってしまって、帰るのが遅くなるのかなと思ったんですけど(笑) まあ、連敗が続いていてイヤな流れがずっと続いていたので、本当に今日勝てて良かったです。

 

 

アナ ソフトバンクは見事なサヨナラ勝ちでした。

 

平松 ねぇ。まさかまさかってよくありますけども、これもデスパイネだとか内川とか松田とか柳田なら9回のあの場面でホームランを打つのも分かりますけど。

 

アナ はい。

 

平松 上林は今シーズン15本ホームランを打ってるんだよね。金村さん、この打席でストレートなんかをファールにしていましたよね。

 

金村 はい。

 

平松 これ雰囲気はありましたか?

 

金村 いやぁ、それまでバッテリーはアウトコース低めにキッチリと投げ込んでいたもんですから。

 

平松 これは失投じゃないですよね。

 

金村 失投じゃないと思いますよ。この打ち方であそこまで飛ぶのは驚きの一言ですよね。

 

平松 ですよね。

 

金村 野球というのは本当に分からないなあと。今年のソフトバンクの試合でもベストゲームの一つじゃないですかね。

 

平松 うん。真中さん、真中さんも左バッターですけど、トスバッティングの延長であそこまで運んでったよね。

 

真中 バッテリーも最善を尽くしてやっているんですよね。

 

平松 うんうん。

 

真中 その中でスライダーですよね。このコース(低めに決まっている)のスライダーをホームランにされてしまったので、ちょっと内も状態が悪いんですけど、これは打った上林が凄いですよね。もうしょうがないんじゃないですかね。これは投げた内が気の毒ですよね。

 

平松 ですよね。

 

アナ みなさんが絶賛のホームランですね。

 

金村 あのキャッチャーの田村のミットを見てくださいよ。あれもうワンバウンドになりそうなところですもんね。あれを右中間に叩き込むというのは、ちょっと上林は今年、ワンランク上にいきますね。

 

平松 そうですね。

 

 

以上です。

映像を見てもらったら分かりますけど、かなりの低めのボールをホームランにしています。泳ぎながら持っていきますので本当に芸術的です。

おすすめの記事