2021年5月26日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で今季2勝目を飾った横浜DeNAベイスターズのピープルズのピッチングについて元横浜の野村弘樹、中日で監督をしていた谷繫元信、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



ピープルズのヒーローインタビューの一部

ピープルズ 特に変化球を低めに集めることができてゴロで打ち取れたのが良かった。

 

 

ピープルズを語る

この日のピープルズの投球内容
7回98球 被安打6 奪三振5 四死球2 失点1
今季2勝1敗 防御率2.45(5/25の試合終了時点)
21アウト中11ゴロアウト!

 

アナ DeNAがホームラン攻勢でオリックスに快勝です。

 

大久保 はい。投げる方では先発のピープルズがいいピッチングをしました。

 

アナ 5月3日以来の2勝目です。

 

大久保 野村さん、今日は何が良かったですか?

 

野村 球種を散らばせて抑えられるピッチャーだと思うんですよね。

 

大久保 はい。

 

野村 それで要所要所とは言わないまでも、オリックス打線が打ち損じてくれた部分もあると思うんですけど、チームは先発陣が苦しいじゃないですか。

 

大久保 そうですね。

 

野村 今永が復帰しましたけど、まだ万全ではないし。そういった中でこのピープルズ辺りが抑えてくれないとね。先制点を取られてしまったら「またか」という雰囲気になるので、まず先制点を取って、先発ピッチャーがどれだけ粘れるかというピッチングをやっていかないと、今日のような試合にはならないでしょうね。

 

大久保 はい。谷繁さんらピープルズについてはどうですか?

 

谷繁 多分、手元で変化してるんでしょうね。それで今日は11個のゴロアウト。

 

大久保 はい。

 

谷繁 身長もあって角度もあるんで、初対戦でこのピッチャーが来るとなかなか攻略できないでしょうね。

 

大久保 そうですね。ヒーローインタビューでも言ってたように、低めでゴロを打たせてダブルプレーを上手く取れたと語る外国人も珍しいですよね。

 

谷繁 そうですよね。まあ、でもそれは自分を分かってるという事ですよね。

 

大久保 そういうピッチャーは結果を出しやすいですよね。

 

谷繁 そうですね。

 

 

以上です。

日本に馴染んできたのかもしれません。
おすすめの記事