2020615日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』で埼玉西武ライオンズの戦力を元横浜の斎藤明雄、元中日の井端弘和、ヤクルトで監督をしていた真中満が分析しています。

 



真中 開幕投手のニールが最後の調整登板で少し不安を残す形になりました。

 

ニールの練習試合の成績
6/5  5回83球 被安打9 振1 四死球1 失点5
6/12 5回99球 被安打8 振1 四死球3 失点6
2019年の対ハム 4試合3勝0敗 防御率2.16

 

真中 明雄さん、ニールは去年頑張ったんですけど、今年も同じようにいけますかね?

 

斎藤 ちょっとね、、、。この間のボールを見てると去年よりも動いてないんですよね。だからコースが甘くなると打ち込まれるのかなと。

 

真中 うーん。

 

斎藤 それで冷静そうに見えるんですけど、意外とイライラをマウンド上で見せるので、キャッチャーの森もそれを落ち着かせるのが大変じゃないかなと思いますね。

 

真中 まあ、去年はニールの活躍がないと優勝かないというぐらいの活躍でしたよね。

 

斎藤 そうですねぇ。だから63失点ぐらいなら安心感もありますけど、前回登板のようなピッチングだと、ちょっと苦しいかなと。

 

真中 なるほど。あとは課題の投手陣なんですけど、戦力的にどうなんでしょうか?

 

斎藤 先発ローテーションには左ピッチャーがいないということで寂しいんですけど、今年の今井のピッチングには物凄く期待できるんじゃないかなと、チームを引っ張ってくれるんじゃないかなと、私はキャンプやオープン戦からそう見てるんですけどね。

 

真中 はい。

 

斎藤 あとは去年のピッチングを見てるとクローザーの増田でちょっとひっくり返されるゲームも出てくるかなあと。ただ、ここは打線が凄いから()

 

真中 そうですね()

 

斎藤 少々失点して投手陣は我慢できますよね。

 

真中 井端さんは気になる投手はいますか?

 

井端 與座投手ですね。牧田投手に似てますので。

 

真中 アンダースローでね。

 

井端 あれが意外と厄介なんですよね。今年1年いい活躍するんじゃないかなと思いますね。

 

真中 ローテーションで期待されてますよね。

 

井端 はい。

 

 

真中 一方の打線は心配なしで相変わらず好調です。10試合の練習試合で69得点。

 

井端 そうですね。秋山選手が抜けてどうなるのかなと思ったんですけど、その代わりにスパンジェンバーグ選手ですよね。

 

真中 いいですよね。相当打ちますよね。

 

井端 やっぱりスタイルがいいですよね。一生懸命やるというか。スイングを見てても全てに一生懸命やってるように感じますので1番に入っても面白いのかなと思いますね。

 

真中 あとは期待の若手選手。川越誠司選手と鈴木将平選手。この素晴らしい打線の中に割って入ろうという2人も魅力ありますよね。

 

練習試合成績
川越 打率.222(18-4) 本塁打2 打点6
鈴木 打率.417(12-5) 本塁打0 打点3

 

井端 そうですね。振る力が凄いですよね。

 

真中 このスイング凄いですよね。

 

井端 やっぱり森選手とか山川選手を見て育ってるというのを感じますし、ここに多少確実性が加わってきたらすぐに出てくるんじゃないかなと思いますね。

 

真中 若い選手にも楽しみなバッターがいますよね。

 

 

以上です。

今年も打ち勝つチーム。
おすすめの記事