2018年9月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で中継ぎ登板し、999試合登板を達成し、前人未到の1000試合登板まであと1と迫った中日ドラゴンズの岩瀬仁紀について元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



野村 谷繁さん、ドラゴンズの岩瀬投手が999試合目の登板です。

 

谷繁 きましたね。あと1です。

 

野村 かなりの数を受けているでしょ?

 

谷繁 はい。僕、あるテレビでやってたんですけど、100セーブ、200セーブ、300セーブ、400セーブを全部受けてました。

 

野村 そうですか(笑)

 

高木 そんなにドラゴンズにいてた?

 

谷繁 いてました(笑)

 

一同 ハハハ(笑)

 

野村 今はその話をするところじゃない(笑)

 

高木 でも、100セーブっていったらかなり前の話かなと思うけど。

 

谷繁 でも、岩瀬がストッパーになったのが、僕が移籍して3年目ぐらいですから。2004年からですからね。

 

高木 あぁ、そうか。

 

谷繁 はい。

 

野村 だから、300セーブ以上は受けているということですよね。

 

谷繁 そうですね。受けてますね。

 

野村 うん。岩瀬はどんな男ですか?

 

谷繁 どんな男・・・?

 

野村 まあ、性格的なことも含めて。物静かに見えるんですけど。

 

谷繁 静かですよ。だからロッカーに居ても存在感が全くないんですよ。

 

野村 ハハ(笑) そうなの?

 

谷繁 いるかどうか分からない、そういう感じの男なんですけど。

 

野村 うん。

 

谷繁 でも、準備というか、自分が投げるルーティンというものは崩さないです。

 

野村 もう毎試合同じ?

 

谷繁 同じです。

 

高木 岩瀬は体が丈夫だよねぇ。

 

谷繁 元気ですね。丈夫です。

 

高木 人のこと言えないけどね(笑)

 

アナ ハハハ(笑)

 

野村 3000試合出てますもんね。

 

高木 丈夫だからね。

 

野付 1000登板って50試合を20年続けないといけないんですよ。

 

高木 どうだ?

 

野村 全く無理ですね。

 

高木 そうだよねぇ。

 

谷繁 野村さんはちなみに何試合ですか?

 

野村 俺、先発だから301試合です。

 

高木 先発の話はいらないよなあ。

 

谷繁 いらない。

 

野村 すいません。

 

アナ とにかく明日も登板があるか注目です。

 

 

以上です。

1000試合登板は本当にスゴいです。ここまでの鉄腕は今後現れるんでしょうか。

おすすめの記事