2018年10月14日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のパ・リーグ、クライマックスシリーズ、ファーストステージ第2戦の福岡ソフトバンクホークスvs.北海道日本ハムファイターズで決勝タイムリーを打った大田泰示について元中日西武の田尾安志、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



【大田のヒーローインタビューの一部】

大田 追い込まれるまでボール球に手を出して追い込まれて、本当にもう食らい付くだけでいい所に飛んでくれて良かったです。昨日(10/13)は圧倒的な打力で負けてしまったので、今日はもうマルティネスがしっかりと抑えてくれて、いい流れでしっかりと打撃もできましたし、このまま勢いに乗って明日いければと思います。

 

 

アナ 日本ハムがソフトバンクに勝利。対戦成績を1勝1敗にしました。

 

岩本 どうにか五分に持っていきましたね。

 

アナ うーん。

 

岩本 そこで大田選手のタイムリー。痺れました。苫篠さん、あの場面なんですけど、大田は昨日4回表に4点差ビハインドで1アウト満塁という絶好の場面で打席が回ってきて、相手ピッチャーが押し出し、押し出しであっぷあっぷの展開ですよね。これピッチャーとしての投げにくい場面なんですよ。リリーフのピッチャー武田翔太だったんですけど、そこで初球から果敢にバットを出してサードゴロで武田に勢いを与えてしまったような早打ちアウトだったんですよね。

 

苫篠 うん。

 

岩本 でも、今日の打席では8回表の同点の場面で決勝タイムリー。心理状況を解説して頂きたいんですけど。

 

苫篠 まず決勝タイムリーの前の打席まではノーヒットだったんですね。

 

岩本 はい。

 

苫篠 そういった中で自分に賭けてくれた栗山監督が素晴らしかったと思います。

 

岩本 なるほど。

 

苫篠 ここで代打を送る手もあったと思うんですけど、やっぱりファイターズとしてもここまで頑張ってきた大田が打てなかったら仕方ないという腹を括っていましたね。

 

岩本 うん。

 

苫篠 大田もここで三振するかもしれないですけど、腹を括れている。

 

岩本 はい。

 

苫篠 そうやって割り切れた監督と選手の覚悟がこういう決勝タイムリーの1本に繋がったんじゃないですかね。

 

 

岩本 はい。田尾さん、昨日の凡打で大田はまあまあショックだったと思うんですよ。

 

田尾 はい(笑)

 

岩本 初球から打ちにいって凡打。そして次のバッターにプレッシャーを与えてしまい、そこで流れを悪くしました。

 

田尾 はい。だけどね、選手としたらジャイアンツの頃なんてこんなにチャンスを貰えなかった選手じゃないですか。

 

岩本 はい。

 

田尾 それがファイターズに来て、こうやってチャンスを貰えてる。

 

岩本 はい。

 

田尾 その中で少々の凡退なんて知れてるんですよ。

 

岩本 ほー。

 

田尾 やっぱりね、もっと辛いことをずっと経験していた選手ですからね。

 

岩本 はいはい。

 

田尾 そのチャンスを貰えてるだけで嬉しいでしょ。

 

岩本 はい。

 

田尾 それと自分の思いきりの良さが売りなんだというね。それを徹底してやっているような気がしますね。失敗を恐れずにね。

 

岩本 なるほど。

 

苫篠 横尾のバットを借りて打ったらしいですよ。

 

田尾 ホームランを打ったバッターのね(笑)

 

岩本 あっ、そうなんですね。

 

苫篠 験担ぎをね(笑)

 

岩本 明日もソフトバンクは大田を警戒してきますかね?

 

田尾 そうですね。やっぱりスイングしてくるバッターは怖いですよ。やっぱり大田の場合は長打を打てるバッターなんでね。ファーストストライクからガンガン振ってくるバッターは怖いでしょ?

 

岩本 そうですね。

 

苫篠 2番の大田にいい形で繋がれたらビッグイニングの大量点に繋がるから。

 

岩本 しかも序盤にということがありますよね。

 

苫篠 そうなんですよね。

 

田尾 栗山、工藤の両監督は勝負勘のある監督なんで楽しみですね。

 

 

以上です。

大田はやっぱりスゴい。

おすすめの記事