2018年6月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日戦でサヨナラ勝ちしたものの中日先発の左腕の笠原に手を焼いた埼玉西武ライオンズの打線について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



アナ 西武はサヨナラ勝ちを収めたものの、中日の笠原投手の前に少し苦しみましたか?

 

大久保 やっぱり、パワーヒッターが多いんで、右のパワーヒッターが多いチームは左の逃げる球とか入って来る球ってちょっと昔からライオンズは弱いんですよ。

 

アナ へぇー。

 

大久保 笘篠さん、これを見ると左投手にほとんどやられているじゃないですか。

 

6/15までに西武打線が対戦した主な左投手

6/16/26/36/56/9
2-0 〇5-10 ●10-5 〇8-1 〇5-8 ●
阪神 岩貞阪神 岩崎阪神 岩崎DeNA 砂田巨人 田口
8回2得点2回1得点1/3回2得点1回1/3 2得点5回1/3 3得点

 

6/106/126/146/15
2-3 ●1-3 ●4-6 ●3-2 〇
巨人 内海ヤク 石川ヤク ハフ中日 笠原
7回2得点6回0/3 1得点5回0/3 4得点7回2得点

 

笘篠 はい。

 

大久保 これはどうですか?

 

笘篠 僕はスイッチヒッターだったんで左ピッチャーの時は右打席なんですけども。

 

大久保 はい。そうですね。

 

笘篠 先ほど、金子がライトに打ったヒットがありましたよね。(※8回裏に打者金子が左腕岩瀬から打ったヒットのこと)

 

大久保 はい。

 

笘篠 物凄くあのシーンが参考になったんですよ。

 

大久保 はい。

 

笘篠 肩のライン、足のラインがピッチャーの投げる球の軌道に平行に踏み込んでいく。

 

大久保 なるほど。

 

笘篠 左肩を若干クロスに入れていく。このイメージを持って踏み込んで右中間にイメージを持って、インサイドに来た時は回る。(※『インサイドは回る』というのは引っ張るという意味だと思います)

 

大久保 なるほど。

 

笘篠 これが一番外のチェンジアップも長く見られますからね。対応できるんじゃないかなと思いますけど。

 

大久保 そうですね。だから、大きなものは狙わずにということですよね。

 

笘篠 そうですね。肩のラインと足のラインを投球の軌道に合わせていくと意外と楽になると思うんですけどね。

 

大久保 野村さんはどうですか。この左ピッチャーは右バッターに何をやられたらイヤですか?

 

野村 やはり、インコースもそうなんですけど、逆に打たれるのがイヤなんですよ。そうなるともっと厳しくいきたくなりますよね。

 

大久保 はい。

 

野村 そうすると見られる。そこで外にいくと外はやっぱり打たれるという事になるんで。

 

大久保 まあ、右方向に打ちやすくなりますもんね。

 

野村 そうですね。だから、引っ張ってくれているうちは楽なケースがありますよ、当然。

 

大久保 なるほどねぇ。このへんはピッチャーによっても微妙なところがあるんですけどね。

 

アナ そうですねぇ。左ピッチャーというのは一つの課題となっているんでしょうか。

 

大久保 そうですね。

 

 

以上です。

巨人の田口、内海ときてヤクルトの石川にまで抑えられていると左ピッチャーが苦手なのかなと確信できてきますよね。まあ、左ピッチャーはもともと打ちにくいもんなんですけど。

おすすめの記事