2021年4月6日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦でリードオフマンとして6打数2安打の活躍を見せた東北楽天ゴールデンイーグルスの辰己涼介について元巨人の斎藤雅樹、楽天で監督をしていたデーブ大久保、同じく楽天で監督をしていた田尾安志がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の辰己の打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 ショートゴロ
3打席目 レフト前ヒット
4打席目 センター2塁打(打点2)
5打席目 空振り三振
6打席目 ライトフライ
シーズン打率.250(4/6の試合終了時点)
今年は打撃開眼か?

 

 

大久保 田尾さん、今日西武に勝った楽天なんですけども。

 

田尾 今日は余裕のある試合でしたね。一応、僕は今年の優勝候補として考えてるんで強いと思いますけど。

 

大久保 はい。

 

田尾 楽天がシーズン通してやっていくにはやっぱり1番を打ってる辰己ですよね。彼が本当に1番バッターとしてシーズンを通してやっていけるかどうかですよね。

 

大久保 確かにね。

 

田尾 辰己が1番で安定した力を発揮すればこの打線は強いですよ。

 

大久保 そうですよねぇ。雅樹さん、辰己は去年結果を出せなくてチームも落ちていったと僕は思うんですね。

 

斎藤 はい。

 

大久保 今年の辰己はオープン戦からずっといいですけど、雅樹さんはどうご覧になってますか?

 

斎藤 楽天にはこういういい左バッターがたくさんいますよね。

 

大久保 そうですよね。

 

斎藤 それで左ピッチャーを全く苦にしないバッターが多くて、その辺が強みなのかなと思ってます。

 

大久保 はい。

 

斎藤 辰己選手は守備もいいですしね。

 

大久保 そうですね。雅樹さんが言われたように左ピッチャーを苦にしないというのは、楽天は一時期たくさんの左バッターを獲ってたんですよね。田尾さん、その財産がいい感じに芽が出つつあるのかもしれないですね。

 

田尾 あぁ、そうかもしれないですね。パ・リーグの場合は2打席目からは9番も野手なので1番はクリーンアップ的な働きも要求されますからね。

 

大久保 そうですね。

 

田尾 そういう意味では辰己選手と共に西武の金子選手にも頑張ってもらいたい。

 

大久保 同じような感じですよね。

 

田尾 毎年期待されながらいい結果が出てないですからね。

 

大久保 そうですね。

 

 

以上です。

辰己は今のところ順調ですね。
おすすめの記事