202072日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.阪神タイガース戦でプロ2戦目の先発で初勝利を飾った中日ドラゴンズの岡野祐一郎のピッチングについて元横浜の高木豊と元巨人の斎藤雅樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



岡野のヒーローインタビューの一部

岡野 苦しい投球だったんですけど、何とか加藤さんに助けられて粘ることができたので、本当に良かったと思います。チームの先発陣に割って入れるようにこれからも精一杯頑張っていきたいと思います。

 

 

岡野の投球を語る

この日の岡野の投球内容
5回85球 被安打3 奪三振3 四死球4 失点2
プロ初勝利!

 

稲村 中日が阪神に勝利。中日のルーキー岡野 投手が見事プロ初勝利となりました。

 

高木 キャッチャーのおかげだって、ルーキーらしからぬね。キャッチャーの加藤は暴投してましたけどね() 足引っ張られたように感じたんだけど()

 

稲村 ()

 

高木 雅樹さん、岡野がプロ初勝利ですよ。

 

斎藤 いいですね。

 

高木 どの辺がいいですか?

 

斎藤 投げっぷりがいいですね。

 

高木 なるほど。

 

斎藤 11球に気合いが入ってますよね。

 

高木 声も出てましたよね。

 

斎藤 それはいいことだと思いますよね。ただ、これから長くやっていくとなると、もうちょ

っと力を抜くところも覚えながら投げられるようになったら、もうちょっと長いイニングも投げれるようになるといった感じになるでしょうね。

 

高木 全部の投球で力が入ってますからね。

 

斎藤 今はそれが当たり前だと思うんですよ。

 

高木 なるほどね。

 

斎藤 だけどそこでもうちょっと 力を抜けることを覚えてくると、もっと良くなると思いますね。

 

高木 そこもテクニックの一つですよね。

 

斎藤 そうですね。

 

稲村 では行次の試合はリラックスして投げれるようになるといいですね。

 

高木 はい。

 

 

以上です。

前回登板はボロボロでしたが今回はいけました。
おすすめの記事