2018年6月22日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.SB戦で勝ち負けは付きませんでしたが2本のホームランを浴びてしまったオリックスバファローズの山岡泰輔。これで今シーズンリーグワーストの12被本塁打。この山岡について元横浜の監督だった大矢明彦がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



【この日の山岡の投球内容】

6回98球、被安打6、奪三振5、四死球1、失点3

 

【今シーズンの山岡の成績】

12試合2勝7敗、被本塁打12

防御率4.08 (6/22の試合終了時点)

敗戦数と被本塁打数はリーグワースト

 

 

アナ 今日、山岡は2本ホームランを打たれて今シーズン12本のホームランを打たれている。

 

大矢 はい。まあ、オリックスのピッチャーの中で凄く期待の大きなピッチャーなんですよね。

 

アナ そうですよね。

 

大矢 それで、どうしたら勝利投手になれるか。それをちょっと考えてみたんですね。

 

アナ はい。

 

大矢 今日も2本のホームランを打たれましたけど、避けて通らなきゃいけないところ。そして、失投しちゃいけないカウントをもうちょっとバッテリーでよくもう一回話し合ってみた方がいいんじゃないですかね。

 

アナ うーん。

 

大矢 これは絶対に防げるところがある。5回表の2ランホームランなんかは状況をキチっと把握しておけば、フルカウントになってストライクがいらないところだったんですよね。

 

アナ なるほどね。

 

大矢 はい。これはピッチャーが勝てないと非常に苦しむんで早く勝ちたいという気持ちが当然あるんでね。

 

アナ ですよね。まあ、新人の田嶋は勝ち星を積み上げているだけに焦りも多少あると思います。

 

大矢 そうですよね。

 

アナ まあ、次の期待をしたい。ミーティングをバッチリやってください。

 

大矢 乗り越えてほしいですよね。

 

 

以上です。

2勝7敗ですからね。この状況を見かねて大矢がバッテリーにアドバイスを送りました。

おすすめの記事