20191117日にフジテレビで放送された「S-PARK 」で100人が選ぶナンバーワンの「バットコントロール部門」が紹介されていました。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



バットコントロール部門 5

會澤翼 ボール球をヒットにされるというのはバッテリーはスゴくイヤだと思う。

 

山崎康晃 必ずバットに当てるので、ちょっと天才型というか。

 

上茶谷大河 広島の西川選手ですね。

 

第5位は2017年に悪球打ちで2票を獲得した広島の西川龍馬(9票)。代名詞の悪球打ちは今年も健在。球団新記録となる4本の先頭打者ホームランを記録するなど、パワーも加わり堂々のランクイン。

 

 

バットコントロール部門 4

銀次 ヒットを打つだけじゃなくてファウルも打てるという。

 

雄平 ああやって打ちたいんですけど、なかなか簡単に打てない。ライオンズの秋山です。

 

第4位はバットコントロール部門2連覇中の西武・秋山翔吾(13票)。3年連続最多安打を記録するなど、その技術は衰え知らず。メジャー挑戦の行方も注目だ。

 

 

バットコントロール部門 3

鈴木誠也 厳しい球でも芯に当てて飛ばせるというのはスゴいなと思いますね。

 

柳裕也 バットが太く見えるというか、吸い込まれていくような感じはありました。

 

中川晧太 キャプテンですかね。坂本勇人さん。

 

巨人を5年ぶりのリーグ制覇に導いた坂本勇人が第3位(15票)にランクイン。2年連続の打率3割にホームランはキャリアハイの40発。確実性とパワーを兼ね備えた坂本にライバルチームのキャッチャーは。

 

伊藤光 抑える隙がなかなか見当たらないというか、一番苦労した印象があります。

 

梅野隆太郎 右にも打てるし、状況に応じて思い切り引っ張ってくるし、キャッチャーをしていて駆け引きが楽しい選手の一人ですね。

 

 

バットコントロール部門 2

安達了一 粘るというか、全部バットに当ててる感じがするんで。

 

栗山巧 なかなか空振りをしない。日本ハムの近藤かな。

 

去年に続き日本ハムの近藤健介が2位(16票)にランクイン。今シーズンは追い込まれてからでも4割以上の出塁率(.408)を誇り、最高出塁率(.422)を獲得。簡単に三振をしないバッティング技術にはチームメイトも舌を巻く。

 

杉谷拳士 コンちゃんの場合、2ストライクになってもピッチャーは勝ちじゃないですよ。絶対にフルカウントになるし、85分くらいフォアボールかヒットなので。もう僕らもそういう目でコンちゃんを見てます。

 

2位まで出揃ったバットコントロール部門。2018年の1位・秋山、2位・近藤を抑え、熾烈なバットコントロール部門を制したのは・・・

 

 

バットコントロール部門 1

源田壮亮 すごいですね。正確無比です。

 

山川穂高 バッティングがすごかった。打率だけではなく。多分MVPもあいつでしょうし。

 

田村龍弘 絶対バットコントロールがいいっていうのが首位打者を獲る人の特徴だと思うし。

 

近藤健介 西武の森。

 

千賀滉大 森。森友哉。

 

1票差の大接戦を制したのは西武の森友哉(17票)。打率.329でキャッチャーでは史上4人目となる首位打者を獲得。パ・リーグ連覇の立役者に。バットコントロール部門3連覇を逃したこの人も納得の様子。

 

秋山翔吾 今年は森でしょ。グラウンドを90度全部使ってたし、難しい体勢でも打ててたし、今年は1番だったんじゃないかと思います。

 

 

1位の選手の言葉

1位に選出

 嬉しいです。僅差でも何でも1位を獲れて嬉しいです。

 

―今年1番のベストスイングは?

 (911日の)ソフトバンク戦の高橋礼から(3回裏)2アウト満塁でライト線に打ったんですけど。なんとか食らいついてという場面でああやった打てたというのはすごい良かったんじゃないかなと思います。

 

今シーズン高橋から打ったヒットは2本。そのうちの1本が試合を決める、まさにベストスイングとなった。

 

2019年バットコントロール部門
1位 森友哉(西武)  17票
2位 近藤健介(ハム) 16票
3位 秋山翔吾(西武) 15票
4位 坂本勇人(巨人) 13票
5位 西川龍馬(広島) 9票

 

以上です。

森友哉はもっとやれそう。
おすすめの記事