2018年9月9日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.広島カープ戦で高い走塁意識で見事にホーム生還し、走塁の上手さも光る中日ドラゴンズの平田良介について元中日の谷沢健一、元日ハムの岩本勉、元横浜の斎藤明雄がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



アナ 広島が今シーズン2度目の5連敗。一方の中日は4連勝です。

 

岩本 はい。初回に1番2番の速攻で一気に先取点を取る。これは本当に鮮やかだったんですよね。谷沢さん、1番に入ることが多くなった平田ですけど、彼の走塁がスゴくチームにとっての得点能力を上げていると思うんですけども。

 

谷沢 意外と足が速いんですよね。

 

岩本 はい。

 

谷沢 そして、走塁技術というのがまた加わって、躊躇せずにホームに突入していますよね。このへんの何て言うのかな、大阪桐蔭仕込みのね(笑)

 

斎藤 フフ(笑)

 

岩本 なるほど。

 

谷沢 意外と1番が合っているよね。

 

岩本 けっこう長打、ホームランがあって、決定打タイプの選手かと思いきや1番にハマっている感じがありますよね。

 

谷沢 ハマってるよ。もう右打ちも上手いしね。その状況判断も非常に優れているよね。

 

岩本 明雄さん、彼の走塁なんですけど。

 

斎藤 はい。

 

岩本 まず塁に出て、ポジショニングのチェックとか、心の準備などを見て、そして色んな状況判断の良さを見て、色んな若い選手、特に足を使える京田あたりも平田のところに行って走塁のアドバイスを貰うらしいんですよね。

 

斎藤 まあ、勉強になると思うんですよね。1塁ランナーで出たときには岩本さんが言うようにポジショニングなんかをよく見ていますよね。

 

岩本 えぇ。

 

斎藤 そして打球の勢いによって、守っている選手の動きによって、走塁しているのがものすごく嫌らしいですよね。

 

岩本 けっこうトリッキーな動きもしますよね。(※巨人戦での反転してトリッキーな動きをして巨人の野手を騙すようなプレーをした映像が流れています)

 

斎藤 騙されてしまうのもありますよね。大きい体をしているのに意外と小回りが利きますよね。

 

谷沢 トリッキーな動きは大阪桐蔭仕込みだよ(笑)

 

岩本 明雄さんが言うようにストップ&ゴーでトルクの強い選手なんですよね。

 

斎藤 そうなんですよ。だから、止まるときは止まれるんですよね。ほとんどの場面で前の塁を絶対に狙うつもりで走っていると思いますよ。

 

岩本 はい。

 

斎藤 今日の走塁もそうですよ。あれだけ右中間を破ったら、ちょっと3塁付近ではゆっくりするんだけども、全然止まる意識なし。

 

岩本 なるほど。強い持続力もあると。

 

斎藤 本当にベースの回り方が上手いですよね。

 

岩本 足の回転もいいんですよね。

 

谷沢 足の回転も大きく回らないよね。ベースタッチからスムーズですよね。

 

斎藤 小回りが利いてる。

 

岩本 はい。平田選手の走塁には今後も大注目ですね。トリッキーな動きなんかは高校野球を見ていて参考になった部分もあったんじゃないかなと思いますね。

 

 

以上です。

打ちまくるし走塁意識が高い最高の1番打者です。

おすすめの記事