2018年9月9日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でシカゴホワイトソックス戦で今季8個目の盗塁を決めたアナハイムエンゼルスの大谷翔平について小宮山悟がフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



アナ 大谷選手、1回に今シーズン8個目の盗塁を決めました。この8盗塁というのは日本時代を含めて自身最多とのことです。

 

小宮山 まあ、投げるピッチャーからしたら多少は警戒するのかもしれないけど、相手ピッチャーのシールズもこんだけ足を高く上げて投げていれば、大谷の脚力なら余裕で成功しますね。

 

アナ はい。さあ、そしてこちらをご覧頂きたいんですが。

 

【今季の投手の盗塁ランキング】

1位 8盗塁 LAA  大谷翔平

2位 3盗塁 ARI グレインキー

3位 1盗塁で4

(9月9日の試合終了時点)

 

 

アナ 投手での盗塁数です。大谷選手はメジャートップなんです。

 

小宮山 今、投手としてのと仰いましたが。

 

アナ はい。

 

小宮山 大谷は投手として試合に出て走っていないので、野手として試合に出て盗塁をしていると考えると、ピッチャーとバッターを両方やっているから、その括りの部分では難しいところなんですけど、基本的に大谷の打って走ってというのはDHとして、野手としてなので、投手としての盗塁はどうかなと思いますけどね。

 

アナ ここにカウントするのはね(笑)

 

小宮山 ただ、それで言うと2位のグレインキーの3盗塁というのは隙あらばいってやるよという感じでやっていて素晴らしいと思いますよね。

 

アナ スゴいですよね。ちなみに歴代の1位は32盗塁で1890年にアドニス・テリーさんが記録したと。

 

小宮山 どんなときにどんな状況で走ったのか分からないので、野球そのもので質が違っていたと思いますし。

 

アナ はい。

 

小宮山 まあ、DHがない時代の話なんでね。ピッチャーでも打てれば野手と同じようにガンガン打って走ってという時代ですから、それについては何とも言えないです。

 

アナ ただ、大谷選手のこれからの新たな記録についてはね。

 

小宮山 これは今までなかったようなことと『あれとあれをするとこれぐらいぶりです』みたいなのが次から次へと色んな数字のマニアがアメリカにはたくさんいますので、彼らが探してくれるでしょう。楽しみにしています。

 

 

以上です。

アメリカ人の数字、統計好きは異常ですから色んな記録が掘り起こされるかもしれません。あと、怪我のないように走ってほしい。

おすすめの記事