2020年10月18日の阪神タイガースvs.東京ヤクルトスワローズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 秋山―藤浪―岩崎―エドワーズ―スアレス

ヤク 小川―長谷川―今野―寺島―マクガフ

 

阪神先発の秋山は初回に坂口青木の連打で1点先制される。しかし、その裏に大山が2点タイムリーで逆転、更にボーアの2ランでこの回に一挙4点取る。4回裏に梅野小幡の連打からチャンスを作りバッテリーエラーで1点追加、更に糸井のタイムリーで1点追加し5点差。秋山は内容が悪いながらも耐えていましたが、5回表に村上に3ランを浴びて詰め寄られ阪神2点リードとなる。ここから試合は動かず9回表に阪神はスアレスが登板し1点取られてヒヤヒヤの展開でしたが阪神が6-5で逃げ切る。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

初回タイムリーの大山について

矢野 やっぱり中身がしっかりしている。たまたまではなく、カウントなりを自分で引き込んでのバッティングだった。この辺りは間違いなく去年とは違う。タイトル争いも気になるけど、獲れるものは全部獲ってほしいし、貪欲にいってほしい。

 

久しぶりの1軍スタメン板山について

矢野 ファームでも上手くいかなくて、もがいている姿を俺も見てきた。ガムシャラさ、何とかしたいという気持ちが出るタイプなので、今日ヒットがでたけど、そういう姿勢の面でもチームにとっていい刺激になったんじゃないか。

 

―代打で登場しレフトフライの井上について

矢野 まあ、(履正社の先輩である寺島との)先輩後輩対決はおもろいなと思って見ていた。あの場面では得点圏だったら糸原を使う予定だった。井上の成長はファンの皆さんにもドンドン楽しみにしてもらって、井上本人にも成長してもらいたい。

 

 

以上です。

最後はヒヤヒヤの展開でした。
おすすめの記事