2019526日にTBSで放送された『S1』で野村克也と上原浩治と槙原寛己が大船渡高校のMAX163キロをマークした佐々木朗希選手についてアナウンサーと共に色々と語っています。

 



アナ 令和の怪物・佐々木朗希投手についてお話を聞いていきましょう。昭和のレジェンド・野村さんと平成のレジェンド・上原さんにお聞きします。まずは平成のレジェンド・上原さんからお聞きしましょう。

 

上原 はい。これです。何も言うことはないです。(※フリップを出す)

 

フリップ内容
そりゃ~凄いよ!!

 

槙原 あのスピードが羨ましいよね。

 

上原 そりゃそうですよ。

 

槙原 球速が落ちて引退を考えた上原さんだからこそですかね?

 

上原 僕はスピードで勝負をしたことがなかったので。槙原さんはいつも150キロを超えていたピッチャーでしたけど()

 

槙原 野村監督は田中マー君が入った頃をご存知ですけど、比較してみてどうですかね?

 

野村 マー君は運も持ってるよね。やっぱり楽天に入ったということで1年目から1軍デビューできた。まあ巨人に行ってたら2年は遅れてただろう。

 

槙原 ということは佐々木くんもやっぱりいい縁があって、いい球団に入ってほしいと。

 

野村 そうそう。どの監督と出会うか。どのチームと出会うかですよ。

 

槙原 唐突ですけど、今のままでプロに入って何勝できますかね?

 

野村 (2秒ほど考えて)分からん()

 

一同 ()

 

槙原 上原さんはどうですか?

 

上原 まだ完全に体が出来上がってなくてあの状態ですから、1軍で投げ続ければ二桁は勝てると思いますね。

 

佐々木朗希(17)
岩手県・大船渡高校3年
身長190cm・86kg
最速163キロをマーク

 

 

以上です。

1年目から酷使しない程度に投げているところを見たいですね。
おすすめの記事