202022日に日本テレビで放送された『Going Sports&News』で平成の怪物・西武松坂大輔と昭和の怪物・江川卓が対談し色々と語っています。

 



最初軽く挨拶をして対談スタート

 

現在のコンディション

江川 実はちょっとビックリしたんですけど、(練習で)遠投をしていましたね。あれは何メートルぐらい?

 

松坂 60メートルぐらいですかね。

 

江川 うん。2018年に6勝して、あの頃の肩の感じと、今日投げた感じと比べてどうなの?

 

松坂 あの頃の感覚に近いですかね。

 

江川 ほぉ。自分の中では感じがいいんですね。

 

松坂 そうですね。去年が最悪だったので、それと比べても今年の方が断然いいですね。

 

 

投球スタイル

ルーキーイヤーから松坂は150キロを超えるストレートを武器に勝ち星を重ねてきた。しかし、現在は肩の故障の影響からかつてのようなストレートはない。

 

江川 ピッチャーとしてストレートにこだわりたいですよね。

 

松坂 はい。ストレートの質が変わっても、こだわりは変わらないですね。

 

江川 うんうん。

 

 

松坂 僕はストレートが遅くなってから、ストレートを速く見せることを考えてやっていたんですよ。

 

松坂 はい。

 

江川 割かしコントロールにこだわりを持ってやっていたんです。

 

松坂 僕も江川さんと同じイメージです。僕は江川さんみたいなコントロールはないので、やっぱり視覚で誤魔化すのがメインになってくるのかなと思いますね。

 

江川 なるほど。

 

松坂 スローカーブをやっぱり使うようになりましたね。

 

江川 スローカーブ。

 

松坂 遅いボールの後に速いボールが来ると思っている人が多いので、純粋に真っ直ぐでいくんじゃなくて、カットボールやツーシームを使って騙していきたいですね。

 

江川 なるほど。いいですね、騙すというのは。

 

松坂 はい。

 

 

2020年の目標

江川 今季の目標は?

 

松坂 2桁、10勝を目指してやっていきます。

 

 

以上です。

今年は変な報道されないようにしてほしい。
おすすめの記事