2019年1月9日にABCラジオで放送された『伊藤史隆のラジオノオト』で人的補償で広島カープに移籍することになった長野久義について福本豊がABCアナウンサーの伊藤史隆と落語家の笑福亭松喬と共に語っています。

 



アナ 1月7日(この放送は1月9日)にニュースが流れてきたんですけど、福本さんにこの事をお答え頂きたい。ジャイアンツが丸をFAで広島から獲得しました。そして人的補償というルールで広島が選んだジャイアンツの選手が長野久義選手でした。

 

福本 そら獲るでしょ!

 

アナ あ~。

 

福本 まだまだやれますよ!

 

アナ 34歳なんですけどもね。

 

福本 34歳ですけど、今の34歳は昔とは全然違いますからね。40歳でも平気で出来るんちゃいます。

 

アナ それで2018年、昨シーズンも打率が2割9分でホームラン13本。116試合でちょっと怪我で休む試合も多かったんですけど。

 

福本 うん。

 

アナ このニュースを最初に聞いた時は?

 

福本 「えっ!うそや!それひどいな~!」って(笑)

 

アナ ひどいな~と。

 

福本 巨人の顔じゃないですか。

 

アナ はい。

 

福本 ピッチャーは出て行くわ。野手のこれが出て行くわ。巨人が好きで好きで何回もドラフトで拒否したのにねぇ。

 

アナ うんうん。

 

福本 それで働いて。

 

アナ 奇しくも内海哲也投手もオリックスに指名されましたが、社会人の東京ガスに進んで念願叶ってジャイアンツという選手だったんで、二人ともそんな経緯でジャイアンツに入ってきた選手だったんですけど、今回それぞれがプロテクト名簿から漏れて内海は西武へ。そして長野が広島へと。

 

松喬 これ福本さんが巨人の偉いさんやったとして、原さんに「長野はプロテクトしときましょう」とは言いませんの?(※この人はこの日のレギュラーコメンテーター)

 

福本 いや、上の人間は言うてんちゃいますかね。編成とか皆が集まって、年齢的にどうのこうのとか、年俸が高いから手を出さんやろとか、その駆け引きに負けたんちゃうかなと思うね。

 

松喬 うん。

 

アナ そうか。広島としてもジャイアンツで貰ってる給料を払わないといけないんですよね。だから、丸に払っていたぐらいの年俸は払わないといけないという状況だったんですが、広島は思い切ってそこを持っていったっていう。

 

松喬 広島ってお金持ちなんですね。

 

アナ 最近はお客さんがたくさん入りますからね。

 

松喬 そうかそうか。

 

福本 今までやったら躊躇するでしょうけどね。

 

松喬 うんうん。

 

 

福本 でもねぇ。

 

松喬 まあ、正直言うと巨人がこんだけ悪役になってくれたら盛り上がりますよね。

 

アナ ハハハ(笑)

 

松喬 もうとにかく巨人だけはって思いますやん。長野頑張れってみんながなりますやん。

 

福本 それはあると思いますね。

 

松喬 巨人も長野にインコース投げにくいですやん。小林繁と江川が入れ替わったみたいなもんでしょ。

 

アナ そうそう。

 

松喬 もうそら悪役がしっかりしたドラマはおもろい。そういう意味では原さんは盛り上げ役かもしれませんね。

 

アナ だから福本さん、これいい意味で私が申し上げると原監督はなかなか冷たい。監督として冷徹に切る所はズバッと切ることがやれる監督なんですね。

 

福本 まあ、思い切ってやったなとは思いますけどね。もう言われるのが分かっていながらやってると思うよね。

 

アナ はい。

 

福本 ただね、「若い人にチャンスが回ってくる」という一言については、俺は間違ってると思う。

 

アナ あー。

 

福本 若い人はチャンスを貰えないもん。

 

アナ その分で丸がやって来るわけですからね(笑)

 

福本 そうそう。だから、丸は使う。それと中島と岩隈も獲った。それがおったらそれを使いますよ。それで若い人は出れないもん。

 

アナ うーん。

 

福本 その辺でまた難しいところでね。これから「巨人に指名されたら考えますわ」って言う、そういうのがあるんですよ。

 

アナ ただ、本当に久々に「巨人がなかなか悪いのぉ」っていうをやりましたね。

 

松喬 見事な悪役でね。もう今年はオリックスはいいですわ。(※この人はオリックスファン)

 

アナ いやいや(笑)

 

松喬 それで開幕戦が広島巨人で始まるんでしょ。

 

アナ そうです。マツダスタジアムで広島巨人戦。

 

松喬 うわ~。これは盛り上がるじゃないですか。

 

福本 それはまあ広島巨人はスゴいやろね。

 

 

以上です。

若手を守ったというのはその場しのぎの言葉でしょうね。

おすすめの記事