2020年9月17日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でプロ初ホームランを放ち勝利に貢献した東京ヤクルトの高卒2年目の濱田太貴について元中日の立浪和義、元横浜の高木豊、元中日巨人の井端弘和がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



濱田のヒーローインタビューの一部

―お立ち台の感想は?

濱田 ・・・最高です。これからも頑張るので、応援よろしくお願いします。

 

 

濱田を語る

この日の濱田の打撃内容
1打席目 ピッチャーゴロ
2打席目 空振り三振
3打席目 レフトホームラン
4打席目 サードゴロ
5打席目 センター前ヒット
シーズン打率.229(9/17の試合終了時点)
プロ初ホームラン!

 

稲村 ヤクルトがDeNAに快勝しました。ヒーローインタビューではたっぷりと間を取って応えていました。8月16日以来の連勝となりました。

 

高木 ヤクルトは若い力で勝ったという試合でした。立浪さん、この濱田という選手ですけど、ホームランも打ち、タイムリーも打ったんですが、彼のバッティングはどう見ますか?

 

立浪 スゴく振れる選手という印象がありますね。今日のホームランなんかも低めのボールに対してしっかりと壁ができてますしね。

 

高木 ですよね。

 

立浪 楽しみな選手ですよね。大体、若手の選手はアウトコースの変化球に脆さがあるものなんですけど、あそこを打てるのはちょっと楽しみですね。

 

高木 なるほど。井端さんはこの濱田をどう見てます?

 

井端 下半身がしっかりしてるなと感じますし、昨日(9/16)の試合ではバットを目一杯に長く持ってる打席があったですけど、昨日1本打ったヒットの打席では短く持って打ってたんですよ。

 

高木 はい。

 

井端 それで今日は短く持ってホームランを打ったんですよね。だから1軍は短く持った方が打てると感じながら今日はやってたのかなと感じますけどね。

 

高木 なるほどね。やっぱり経験が生きてくるというね。

 

濱田太貴 20歳
2000年9月4日生 177cm・81kg 右投右打
明豊高校―ヤクルト(2018年ドラフト4位)

 

以上です。

対応力がありそうなバッターです。
おすすめの記事