2018年7月25日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で2点ビハインドの5回に一挙5点を取って試合をひっくり返した打ちまくりの東京ヤクルトスワローズの強力な打線について元横浜の野村弘樹、元ヤクルト広島の笘篠賢治、中日で監督をしていた谷繫元信がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 ヤクルトが今日も勝利し、これで5連勝です。

 

野村 まあ、何と言っても5回のヤクルトの攻撃。一挙5点なんですけど、笘篠さん、この集中打ですよね。

 

笘篠 この回が始まる前に石井琢朗コーチが円陣を組んでね。5回までの傾向で石井琢朗コーチは的確に狙い球とかを選手任せではなく指示しているんじゃないですかね。やっぱり、その辺がこういう集中打を生んでいるんじゃないかと思いますよね。

 

野村 うーん。まあ、特にヤングマンという投手には大きなカーブがあるんでしょうけど、今日はそのカーブがあまり良くないとはいえ、このカーブをバレンティンがホームランを打った。谷繁さん、今日は5回に1番の坂口から繋がって4番までで4点を取ったんですけども。

 

この回の1番から4番までの繋がり

1坂口 センター前ヒット

2青木 レフト前ヒット

3山田 レフト前ヒット (打点1)

4バレンティン ホームラン (打点3)

 

 

野村 バレンティンが当たっていて、その前には山田哲人がいる。そして青木の調子がいいとなると、相手バッテリーは耐えがたいですよね。

 

谷繁 いやあ、大変ですよ。それはある程度は点数を覚悟しないといけないでしょうね。だから、あんまり打たれる打たれると思うと、どうしてもビッグイニングになると思うんですよ。僕もヤクルト相手にはけっこうそういうイニングを作ったことが何回もありますから。

 

野村 うん。

 

谷繁 だから、そういうことを踏まえて一人一人、あんまり後ろを考えずに一人一人を打ち取っていった方がいいと思いますね。

 

野村 なるほどね。山田の後ろにバレンティンがいるから、ここで何とかしようとかは思わないで、もうバッターに集中してやっていく。

 

谷繁 はい。

 

野村 そこが唯一の解決策かなというイメージですね。

 

谷繁 そうですね。

 

 

以上です。

坂口、青木、山田、バレンティンの並びは強烈ですね。坂口は戦力外だったのに完全に復活してなぜ戦力外になったのか分からないぐらいです。

おすすめの記事