2019331日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で移籍後、初の発登板で見事な勝利を飾った東京ヤクルトスワローズの高梨裕稔のピッチングについて元横浜の斎藤明雄と元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この日の高梨の投球内容

6回100球 被安打3 奪三振7 四球3 失点1

 

高梨のヒーローインタビュー

高梨 緊張したんですけど、何とか6回まで投げられてほっとしてますし本当に嬉しいです。毎年やることは変わらないんですけど、新天地に来たということで何とかスワローズの優勝に貢献できるようにしっかり投げていきたいと思っているのでこういうピッチングを続けていければいいのかなと思います。

 

 

斎藤と岩本の解説

アナ ヤクルトが3戦目で今シーズン初勝利。高梨投手は移籍後初登板を勝利で飾りました。

 

岩本 ナイスピッチングでしたね。明雄さん、改めてこの高梨のピッチングについて詳しく感想をお願いします。

 

斎藤 見ててね、京セラドームのマウンドに合ってるのかなと。岩本さんは高梨のピッチングをよく見てきてると思うんですけど。

 

岩本 はい。

 

斎藤 今日見てると何か上から投げてる。上から上からという意識が強いのかなというフォームに見えたんですよ。

 

岩本 はいはい。

 

斎藤 だからその分、ストレートの走りもいいし、フォークの落ちも良かったのかなと。それで本来はコントロールがアバウトじゃないですか。

 

岩本 そうですね。

 

斎藤 それが意外とキッチリとコースを狙って落ち着いて投げている高梨がいたのかなという感じに見えたんですよね。

 

岩本 明雄さんもコーチされている時に「オーバーハンドで叩きつけるように腕を振れ」と時々言われたと思うんですけど。

 

斎藤 はい。

 

岩本 何かそれを実行してるピッチャーに見えますよね。

 

斎藤 そうなんですよな。だから極端に言うと人差し指と中指が前に飛び出るような感じの腕の振り。

 

岩本 はい。

 

斎藤 その分、ボールにスピンが利いてスピードもある。そしてフォークの落ちもいいんじゃないかなと。それで時折カーブを投げて緩急も使えてますからね。

 

岩本 はい。

 

斎藤 6100球を投げましたけど、もっと球数を少なくしていけるんじゃないかなと見えますよね。

 

岩本 新天地でも大活躍ですね。

 

 

以上です。

セ・リーグでも余裕で通用します。
おすすめの記事