2018年4月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」という番組でこの日のvs中日戦で前回登板の広島戦にと同様に4回パーフェクトから5回に突然乱調になったヤクルトのハフについて元南海西武の江本孟紀、元横浜の高木豊、同じく元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



 

稲村 ヤクルト先発のハフ投手が5回に突然崩れましたよね。

 

野村 そうですね。4回までパーフェクトでしたからね。ドラゴンズ打線の集中力と言えばそこまでなんですけど、このハフは前回のカープ戦でも6回に一挙5失点で3ホームランを喰らう。

 

稲村 はい。

 

野村 球数もそんなにいってないのに急に崩れるんですけど、この辺は江本さんはどうですか?

 

江本 だから、4回で代えれば良かった。

 

野村 ハハハ(笑)

 

江本 このピッチャーは5回も6回も続かないんだよ。だから、兆候が出た瞬間に早く代えないと。

 

野村 はい。

 

江本 ヤクルトには若手のピッチャーがいるんだから。それでしばらく傷を負わさないようにして徐々にイニングを投げさせるようなね。これはベンチが決断しないとダメですよ。

 

野村 また5回だからとか、球数で決めない方が良いということですかね。

 

江本 こんなもん、先発だからって6回7回までいきたいのは分かるけど、これはそういう力がないんだから。

 

野村 そうですね・・・(若干、引いている感じ)

 

江本 うん。

 

野村 結果だけ見ると連打を喰らっているわけですからね。豊さんはどう思われます?

 

高木 まあ、最初に内野安打がありましたよね。あの内野安打のなり方が良くないですよね。野手が丁寧に見せる。ピッチャーがノーヒットで抑えているんだったら、もっとチャージをして一杯一杯のプレーをしてあげないと。

 

野村 アウトを取りにもっとしてあげないといけないと。

 

高木 うん。内野安打になるべくしてなったという。まあ、そんな感じですね。若いショートの広岡が守っていますけど、やっぱりそこまでやってほしかったですね。それと、セットポジションになると、どうしても球威が落ちたりだとか、そういうこともあるんじゃないですかね。

 

野村 セットポジョンの原因はあるでしょうし、全体的に見るとボールが浮いているように感じるんですよ。

 

高木 そうですね。

野村 外国人なんでストライクを投げたがるじゃないですか。その辺の配球でも色々と出てくると思うんでね。

 

高木 そこはもうキャッチャーの中村が散らしてあげたりだとか。

 

野村 そうですね。

 

江本 春先は体が本当にできていないのね。明日からハフはランニングだよな。

 

一同 (笑)

 

江本 だいたい調子の悪いピッチャーは体ができてないんですよ。

 

野村 しかし、これは考えないと。4回までパーフェクトでこういうことをされるとベンチは堪らないですしね。

 

高木 立ち上がりが良いピッチャーというのはだいたいどこかでエアポケットに入るっていう。僕がずっと見ていてそういう感じがするんですよね。

 

野村 はい。

 

高木 悪くて徐々に調子を上げていくピッチャーの方が見ていて安心感がありますよね。

 

野村 ハフは2試合続けてですからね。

 

高木 立ち上がりが特に良いピッチャーだから。そこは野村弘樹に似ている。

 

野村 突如、崩れるということですか?(笑)

 

高木 いや、突如崩れるというより立ち上がりが良いという面で。

 

野村 そういうことですか。

 

稲村 野村さんタイプのピッチャーなんですね。

 

江本 追い討ちをかけちゃダメです(笑)

 

 

以上です。

エモやんの「駄目な兆候が出たらすぐに代えろ」は無茶苦茶過ぎて笑えますわ。野村も横でそれを聞いて無茶苦茶過ぎて引いていました。ハフはこれからも同じような感じだと信頼されないでしょうね。

おすすめの記事