2018年6月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日戦で決勝ホームランを打った千葉ロッテマリーンズの中村奨吾について元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の中村奨吾の打撃内容】

1打席目 ライトフライ

2打席目 四球

3打席目 四球

4打席目 レフトホームラン

5打席目 四球

 

【この日の中村奨吾のヒーローインタビューの一部】

中村 石川投手が頑張って粘って投げていたので、なんとか早く点を取りたいなと思って打席に入りました。(決勝2ランの感触は)完璧でした。

 

 

アナ ロッテも勢いがありますね。3試合連続の2桁安打で3連勝です。

 

高木 その中でも中村選手。打って守って走れる選手という。谷沢さん、ロッテはチームリーダーというか、井口監督が現役の時にそういうものを担っていたんですけど、やっと軸になれるような選手が育ってきたなと。

 

谷沢 だから、井口監督のチーム構想というのがやっとできてきた。鈴木大地をサードにコンバートしてね。

 

高木 はい。

 

谷沢 そして、育てるために藤岡と中村奨吾をセンターラインに配置してね。そういう意味では中村奨吾の攻撃力も、そして盗塁も非常に多いしね。藤岡と中村奨吾はいいコンビネーションになっていくんじゃない。

 

高木 ガンちゃん、打って走るということもそうなんですけど、守備機会が269回あって失策が1でリーグで最小です。

 

【今季の主な成績】

今季51試合 打率.299 (197打数59安打) 本塁打3、打点28

守備機会269 失策1(リーグ最少)

 

 

岩本 これはピッチャーからするとありがたいですよね。

 

高木 守備範囲も広いですしね。

 

岩本 そうですね。そして、エラーを恐れないんですよね。恐れないからビッグプレーが生まれる。エラーを恐れる選手というのはビッグプレーが生まれませんよね。そういうところが幾度も幾度も記憶に残っていますね。

 

高木 そうですね。

 

岩本 これ井口監督は今シーズン、キャプテン制を敷いていないんですよね。

 

高木 うん。

 

岩本 各自に自覚を持って戦うんだということで、そういうのもあって自覚と共にプレースタイルも先頭に立っているんじゃないかと思いますよね。

 

高木 まあ、セ・リーグでは菊池。そしてパ・リーグではセカンドは中村と言われるような、そういう選手になりそうですね。

 

アナ いいプレーを期待したいです。

 

 

以上です。

ロッテに軸になるようないい選手が出て来たようですね。チームに活力を与えるような存在がセンターラインにいると安心感が違いますよね。

おすすめの記事