2018年9月12日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦の7回裏に広島カープの鈴木誠也が新井貴浩からアドバイスを受けているシーンについて元横浜の高木豊、元近鉄西武の金村義明、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に解説しています。

 



【この日の鈴木の打撃内容】

1打席目 空振り三振

2打席目 空部三振

3打席目 空振り三振

4打席目 センターオーバー3塁打(打点1)

5打席目 見逃し三振

 

 

稲村 広島が連敗を6でストップさせました。

 

野村 そうですね。7回にベンチで新井が鈴木誠也を呼んで話をするシーンがありましたけども。(※広島1点リードの7回裏1アウト1塁の場面)

 

高木 うん。

 

野村 豊さん、新井はどんなことをアドバイスしたんでしょうかね?

 

高木 多分、バッティングのことだと思うんですけどね。

 

野村 はい。

 

高木 ただ、こういうシーンというのは、ベテランが若手に伝えるっていうスゴく広島らしい伝統が残っていくっていう感じがしますよね。

 

野村 なるほどねぇ。

 

高木 まあ、新井の置き土産じゃないけども、4番を打った男が4番を打っている男に対しての置き土産というね。

 

野村 うーん。

 

高木 だから、そういうものが広島の強さになっていると思いますね。

 

野村 いい話ですねぇ。金村さんはいかがでしょうか?

 

金村 僕の想像ですけどね・・・あれ新井がピクっとなってるのはインコースのスライダーが来るぞと。僕の想像ですよ・・・。

 

一同 ハハハ(笑)

 

野村 はい(笑)

 

金村 『スライダーにピクっとなるなよ』というようなことをアドバイスしていたんじゃないですかね。

 

野村 確かにそういう動きをしていますね。

 

金村 インサイドから来るスライダーはピクイチになるんですよ。そのスライダーを見事に開かずにセンターオーバーの凄い打球ですよ。打った後に新井が物凄く喜んでいたでしょ。

 

野村 うん。

 

金村 やっぱりスライダーがきたと。

 

高木 鈴木も新井に対してガッツポーズするとかしたらいいのに、何のジェスチャーもなかったでしょ(笑)

 

金村 ハハハ(笑)

 

野村 まあ、いいシーンでしたよね。そこまで鈴木が3三振だった中でのアドバイスをした後のバッティングでしたから新井も嬉しかったと思いますよ。

 

金村 うん。

 

 

以上です。

もうコーチ兼任みたいなもんですね。信頼が厚いです。

おすすめの記事