2018年5月6日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsオリックス戦で2000本まで残り1本というところで打てずに持ち越しとなったソフトバンクホークスの内川聖一について元横浜の平松政次、元ロッテの里崎智也、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日の内川の打撃内容】

1打席目 サードゴロ

2打席目 四球

3打席目 センター犠飛(打点1)

4打席目 サードゴロ

5打席目 ライトフライ

打率.214 (5/6の試合終了時点)

 

 

アナ 内川選手の2000本安打はお預けとなりました。

 

岩本 そうですね。でも、あの9回に打席がまわってくる。そういう運が強いんだなあと思いました。(結果は9回二死満塁の場面で凡退)

 

アナ はい。

 

岩本 平松さん。

 

平松 あそこで打ったらね。

 

岩本 結果はそうですよね。

 

平松 そう。

 

岩本 それ相応の大きなプレッシャーをやっぱり抱えてたんですかね。

 

平松 そうなんですよ。やっぱり、日頃のバットのスイングじゃないような気がするんだよね。

 

岩本 なるほど。

 

平松 甘いボールも来ているんですよ。

 

岩本 はい。

 

平松 投げる方も緊張していますから。やっぱり、甘いボールも来ますからね。

 

岩本 はい。

 

平松 それを打ち切れなかったというのが、やっぱり2000本はこのバッターに対してはスゴい記録なんだなあと思いましたね。

 

岩本 そうですね。球場がみんなそこに注目していましたよね。

 

平松 その通りですよ。みんなカメラ持ってバチバチやってんだから(笑)

 

岩本 ですよね(笑) いつもとは違う雰囲気がそこにあるわけですもんね。

 

平松 そうそう。

 

岩本 バットマンとして里崎さんはいかがですか?

 

里崎 まあ、やっぱりプレッシャーはありますよね。もう福岡に帰って誰もが2000本を打つと思っていてメディアも大勢駆け付けてきますし。

 

岩本 はい。

 

里崎 次からはビジターになるんで福岡で達成したい思いもありますから、本当に精神的には難しかったと思いますけど、本人は早く打ちたいんじゃないですかね。次は大宮ですからね。

 

岩本 そうですね。まあ、通過点なんですけど、気持ち良く次のステージに行って頂きたいですね。

 

アナ 内川選手の試合後のコメントですが、9回二死満塁のチャンスに凡退し「これで打たないと本当にヘボだなと思っていた こんな良い流れで打てないなんて残念な男だと思います」と。今日のあの場面でというのが本人も。

 

岩本 ねぇ。個人的なことも、チームに対しても責任を感じているのが分かりますね。

 

 

以上です。

プレッシャーなのか不調なのか分かりませんけど2000本をなかなか打てなくて何の縁もゆかりもない大宮での2連戦は微妙かもしれません。

おすすめの記事