2018年5月6日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsロッテ戦でデビューから5試合連続安打の北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎について元横浜の平松政次、元ロッテの里崎智也、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【過去5試合のヒット】

5/2 中2 三振2

5/3 右安 三振2

5/4 中安 三振2

5/5 遊安 三振2

5/6 三安 三振1

打率.294 (17-5)

 

 

アナ 今日は清宮選手がプロ野球記録を打ち立てました。

 

岩本 高卒新人記録を更新ということですよね。デビューから5試合連続ヒット。(5/6の内野安打は)また彼に似合うかどうかの渋い内野安打ですけども。

 

アナ はい。

 

岩本 まあ、三振の数は見ないでくださいね。

 

アナ そうですね。ヒットのところだけ見ましょう。

 

里崎 じゃあ、三振を付けなかったら(表示しなかったら)良かったんじゃないですか。

 

一同 (笑)

 

岩本 えぇ、これがプロ野球の現実だということでね。

 

里崎 あぁ、そうなんですね。

 

岩本 あそこは清宮選手だけ見てもらえればと思うんですよ。

 

里崎 はい(笑)

 

アナ これはどうなんですかね。ヒットと三振。

 

岩本 里崎さん、バットマンとしてはどうですか?

 

里崎 別に三振を100個してもヒットを200本打てばいい話なんで別に関係ないですよね。

 

岩本 ワーオ。

 

アナ なるほど。

 

平松 ガンちゃん、よく言うじゃない。今日のヒットなんかも。『ツキも実力のうち』ということでね。

 

岩本 はい。

 

平松 やっぱり、実力があるんですよ。

 

岩本 はい。まあ、でも、数ヵ月前まで高校生としてやっていた野球青年がプロ野球の世界でこうやって結果を出すわけですからね。

 

平松 やっぱり、スイングを見たら、もう一流のモノを持っていますよ。

 

岩本 はい。

 

アナ まだまだ楽しみですね。

 

 

以上です。

まだプロの変化球に完璧にアジャスト出来ていませんがこれに対応できればかなりやるような気がします。どういう成長を描くのか本当に楽しみです。

おすすめの記事