2018年6月16日に読売テレビで放送された楽天vs.阪神の中継で解説をしていた元阪神のOBの2人である川藤幸三と赤星憲広が中谷へのバントのサインについて苦言を呈しています。

 



相手のピッチャーは則本

5回表の先頭打者鳥谷が2ベースヒットを打つ

次の打者の中谷は初球からバントの構え

1球目にストライクを見逃す

 

赤星 僕自身の個人的な意見としては打たせたいなと思います。

 

アナ はい。

 

2球目も送りバントを試みてファウルになる

 

アナ 川藤さん、スリーバントか、それともサインを変えてきますかね?

 

川藤 これでスリーバントをさせるのであれば、これ言うときますけどプロ野球のチームじゃありませんよ。これからこういう若い選手を一人前に育てようとしとるんやったら、こんなもん打たせないと。ほんで、こういうところで一流のピッチャーに向かってピシっと自分のスイングが出来て、そういうふうな事を作っていかなきゃいけない時でもあるわけですよ。

 

アナ はい。

 

3球目を投げる前に中谷がタイムをして

サインの確認で3塁コーチの高代を呼んで色々と話す様子が映る

 

川藤 これはバントのサインが出たのかもしれないです。だから、多分「どっちなんですか?」って聞きに行っていますね。

 

アナ はい。楽天生命パークの球場のファンからも微妙な空気が流れました。(※バントの構えで野次が起こっていた)

 

3球目はボール、4球目に右打ちしようとしましたがピッチャーゴロになる

このゴロでは2塁ランナーは動けず ただのアウトとなる

 

アナ 川藤さん、2塁ランナーが動かずでアウトカウントが増えましたねぇ。

 

川藤 中谷は多分、右打ちをしようと思っていたけどそこに真ん中のスライダーが来たんですよね。

 

アナ はい。

 

川藤 それで手首が返ってしまってのピッチャーゴロなんです。だけど、こんなバッティングをしとるようじゃね、やっぱりなかなかレベルが上がっていかないですよ。

 

赤星 やっぱり、中谷選手というのはこれからクリンナップを打つ選手になってほしいわけじゃないですか。

 

アナ はい。

 

赤星 それだったら、あそこの場面では返すような、ランナーをヒットで返す。最低限でランナーを進めるとするなら外野にフライを打って進塁させるとか、僕はそういう選手になってもらいたいと思うんですよね。

 

アナ はい。川藤さん、そういうポテンシャル、素養があるから金本監督は5番に抜擢しているわけですもんね。

 

川藤 だから、5番やったり色んなところをやっとるんですけど、もっと自分自身で這い上がる事が一つと、それと首脳陣はもうちょっと信用して『こいつにはもっと振らせるんや』と。

 

アナ はい。

 

川藤 右打ちのサインが出とる出てないは、わしは知りません。だけど、もうこうなった限りは打たんかいと、返さんかいという後押しも必要やと思いますね。

 

 

以上です。

中谷にバントを要求するのは間違いですね。基本的に金本応援団の赤星と川藤にも苦言を呈されちゃいました。

おすすめの記事