2019107日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のクライマックスシリーズ1stステージの3戦目となるvs東北楽天ゴールデンイーグルスで見事にファイナルステージ進出を決めた福岡ソフトバンクホークスについて元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の斎藤明雄がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



工藤監督の試合後のインタビューの一部

工藤 ホッとしてる気持ちと選手たちが本当によくやってくれたという思いと今日ヤフオクドームに駆け付けていただいたファンの熱い声援で今日は勝てたと思います。ありがとうございました。もうとにかく勝つしかないのでみんなの力とファンの熱い思いを所沢に持って行って、11戦精一杯戦ってきます。そして必ず勝って帰って来ますんで、皆さん楽しみにしていてください。

 

平松、斎藤明雄、笘篠が語る

アナ ソフトバンクが2連勝で6年連続でファイナルステージ進出を決めました。

 

平松 接戦でしたね。まあ工藤監督も勝ってホッとしたというのは本当に正直な気持ちでしょうね。

 

アナ 伝わってきましたよね。

 

平松 そうですね。それで何と言ってもベテランの内川のバッティング。斎藤さん、こういう試合で内川は力を発揮するんですよね。

 

斎藤 そうですね。バットコントロールのいいバッターですからね。ボールのコースに逆らわないで素直に打ち返してる。それで一発狙いもできるバッターなのでね。ピッチャーからすると投げづらいバッターだと思いますね。

 

平松 苫篠さん、内川のタイムリーで帰ってきたデスパイネの走塁です。あのいい当たりでセカンドから帰ってきたんですから。

 

苫篠 そうですね。あのシーンを(楽天のコーチをしている)兄に聞いたら、一瞬村松コーチが判断を躊躇ったらしいんですよ。

 

平松 ストップをかけたと。

 

苫篠 「どうしようかな」というタイミングではあったみたいなんですけど、そのままホームに行くという意識がデスパイネの中にあったと思います。

 

平松 だからこのゲームは接戦で絶対にホームに帰らないといけないというのがセカンドにいる時からあったんでしょうね。まあデスパイネのあんな走塁は年間でもなかなか見られませんけど、ここで力を発揮しましたね。内川の当たりは俊足でもストップしそうなもんですけど、それをデスパイネが帰ってきたっていうのはね。斎藤さん、スライディングも見事でした。

 

斎藤 はい。

 

苫篠 スピードのあるスライディングをしてますよね。

 

平松 今後も続けてほしいと思いますね。

 

 

以上です。

デスパイネは勝負所を心得てますね。
おすすめの記事