2018年2月にスカイAで放送された「猛虎キャンプリポート」で元阪神の掛布雅之が阪神のロサリオについて朝日放送の中邨アナと元阪神でスカイAディレクターの福家雅明と共に語っております。

 



これは2018年2月に語ったものです

 

掛布 まず打撃練習の入り方が分かってますよね。まず右方向から打っていって最後にホームラン、打球を上げるというバッティングの練習の仕方を分かっているタイプの選手なんですよね。

 

中邨 なるほど。

 

掛布 ある程度のベンチが我慢できる数字を残してくれると思いますよ。

 

中邨 掛布さんが考えるロサリオに対する数字はどのぐらいなんですか?

 

掛布 ベンチから考えたら最低でも20本のホームラン。2割8分ぐらいが最低ラインかだと思います。

 

中邨 なるほど。

 

掛布 その上乗せとして3割30本という数字が見えてくるだけの内容は持っていますよね。

 

中邨 キャンプ解説でお越しいただいた時に是非伺いたいと思っていたのですが、たくさん外国人選手と一緒にやったり見てこられたと思いますが成功するパターンの外国人選手には特徴はあるんでしょうか?

 

掛布 そんな強振しないですね。

 

中邨 あ、ロサリオ選手の場合は。

 

掛布 それで後ろが凄く小さいんですよ。コンパクトに入ってフォローで飛ばすという。だから、非常に対応力もあると思うんですよね。

 

中邨 はい。阪神ファンの間では左右の違いはあってもバース級の活躍を期待する声もありますが。

 

掛布 昔に阪神からメジャーに戻ってホームラン王になったセシル・フィルダーも力強かったですけど、彼も最初は凄くコンパクトだったんですよね。

 

中邨 へー。

 

掛布 福留とちょっとロサリオについて話した時に中日と広島にいたルナ。

 

中邨 ルナ!

 

掛布 ルナのような柔らかさがある。「ルナにパワーを付けたようなタイプだね」と福留と話しをたんですけどね。

 

福家 ルナね。

 

掛布 ルナはそれだけの数字を残したでしょ。

 

中邨 3割は打っていましたよね。

 

掛布 実際にロサリオに会って胸板だとか腕を触ったんですけど上背はそんなにないんですけどポパイみたいでした。

 

中邨 おぉぉ。

 

掛布 凄い。あれだけの体でこれだけ柔らかくバットを振れるのは珍しいですよ。

 

中邨 そんなに腕っぷしに頼るような。

 

掛布 頼りきってないですね。

 

中邨 そこも凄い。

 

掛布 そうですね。それとアメリカから直接日本じゃなくて韓国から日本というのもいいんじゃないですかね。

 

中邨 なるほど。

 

掛布 キャンプから4月までの開幕までの調整の仕方は、韓国も2月にしっかりキャンプに入りますので。

 

中邨 日本のようにね。

 

掛布 はい。そういう部分では2月のキャンプに対して入り方が分かって阪神に来ていますのでね。

 

中邨 なるほど。

 

 

以上です。

これは2月のキャンプ後半に語ったことなんですが、見事に騙されましたね。掛布は打撃論に関しては非常に信用できるのですが、今回は予想外でした。

おすすめの記事