2018年8月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で先発しプロ初完封のピッチングをした読売ジャイアンツの今村信貴について元中日阪神の田尾安志がフリーアナウンサーの山田透と共に語り、後半は元日ハムの岩本勉がずっと語っています。

 



【この日の今村の投球内容】

9回121球、被安打6、奪三振6、四死球0、失点0

今季3勝2敗 防御率3.16 (8/5の試合終了時点)

 

【今村のヒーローインタビューの一部】

今村 もうとにかく、1人1人の打者と向き合って強気で攻めていこうとずっと思っていました。やっぱり、9回にピンチになってちょっとヤバいと思っていたんですけど、何とか抑えられて良かったです。まだまだチームに貢献できていないので頑張っていきたいと思います。

 

 

【前半は田尾と山田透アナで解説】

アナ 田尾さん、ハッキリ申し上げまして、こんな今村を初めて見ました。

 

田尾 そうですよね。試合前の時には谷間のピッチャーという感じだったんですが、これはもう主戦投手になっちゃったなというね。

 

アナ ですよね。

 

田尾 まあ、何よりも3球で追い込めていた。その形を作って、そこから難しい球を投げていくというね。

 

アナ はい。

 

田尾 これが出来ていましたし、あとは1球1球のテンポがすごく早いんですよ。ですから、守っていても非常に守りやすい。それで、ここで勝負だろうというところで勝負もできていた。

 

アナ はい。

 

田尾 だから、無駄な球がなかったんで、これはもう言うことがなかったですね。

 

アナ 先発をして、次の日は抹消というのを繰り返されていましたが、高橋監督はシーズンの最後までローテーションを守ってほしいと言っていました。

 

 

【ここから岩本勉が今村について語っています】

アナ 今村投手のピッチングですが、岩本さんはどうご覧になりましたか?

 

岩本 大きな自信になったと思いますよ。プロ野球のピッチャーとして試合に出るようになって、1人で投げ切りたい。そして、0点で試合を締めくくりたいという気持ちを持っているんですよね。その彼が、そこにチャンレンジして、9回にはランナーを抱えてちょっとバタバタしましたけど、それを乗り越えて、しかもそれを無四球でゲームを締めくくることができた。自分で自分を超えていった瞬間だったと思うんですよね。新しい自分に出会い、どんどん成長していくその今村に今後も大注目ですね。

 

 

以上です。

今村はイースタンではやれていた選手みたいなので1軍の壁を越えれば何とかなるかもしれませんね。それにしても、岩本勉は1人でダラダラ長々と喋ることが多いように感じます。

おすすめの記事