2018年9月5日vs広島カープ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 



【試合展開】

阪神の先発は岩貞、広島の先発は九里で始まる。阪神は初回の九里を攻めて1アウト満塁で陽川の内野ゴロの間に1点、次のバッターの大山が3ランホームランで初回に4点を先制。しかし、広島はその裏に鈴木誠也が2ランですぐに反撃。4回表にはチャンスで糸原がタイムリーで1点を追加し3点差。6回裏には丸がソロホームランを打ち再び2点差となる。いつもの阪神ならここで勝っているのにビクビクの負けモードですが、8回表に糸原がチャンスで2点タイムリーを打ち4点差にする。9回表には更に4点を追加し8点差となる。最後は望月が締めて11-3で阪神が勝利。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考にして書いています。

 

【金本監督の試合後のコメント】

―広島に快勝

金本 いつもカープにやられているパターンをうちが久々にやれたな。昨日は負けはしたが選手たちの執念が見えていて、今日はこういういいゲームをするんじゃないかなと思っていた。足も使えたしいいゲームができた。

 

―2本のタイムリーを打った糸原について

金本 めちゃくちゃ大きいよ。

 

―先制3ランの大山について

金本 守備も大山にはあるんでね。3ランは久々だろ。これだけホームランのないチームだからな。

 

―7回3失点の岩貞について

金本 2本のホームランは打った鈴木と丸を褒めるべきで全く悲観的な見方はしていない。力みもなく投げ方を覚えたんじゃないか。真っ直ぐが本来の岩貞らしい真っ直ぐを投げられていた。次回も期待したい。

 

 

以上です。

久々に快勝でした。マツダでカープ相手にこの勝ちはなかなか見れません。

おすすめの記事