2021年6月5日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.阪神タイガース戦で1試合2本塁打など攻守に活躍した福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也について元横浜の高木豊と中日で監督をしていた谷繫元信がタレントの井森美幸と共に語っています。

 



高木豊と井森がこの試合のポイントを解説している時に井森がマシンガン打線の再来という事に触れてから話が始まります。

 

井森 今日も打線が爆発してロッテに勝利しました。マシンガン打線みたいでしたね。

 

高木 まあ、隣に当時のマシンガン打線にいた人がいるんですよね。今の打線についてどう?

 

谷繁 まあ、打つ事は打つでしょう(笑)

 

井森 はい。

 

高木 ハハハ(笑)

 

谷繁 試合をしていて難しいとは思うんですけど、相手がいい時のピッチャーとそうでもピッチャーとの対戦で差があり過ぎるんです。

 

井森 なるほど。

 

高木 だから打ち頃のピッチャーだとガンガン打つけど、いいピッチャーが相手だとサッパリという。

 

谷繁 まあ、それはそれで悪い事ではないんですけど、打てない時でも必ず勝っていくというのをしていけばいいんですよね。

 

高木 だから「マシンガン打線の時はいいピッチャーでも打ったんだぞ」ってのが言いたいですよ。遠回しに(笑)

 

谷繁 ハハハ(笑)

 

井森 なるほど(笑)

 

高木 DeNAは交流戦で1番桑原、2番伊藤を除いて全員が3割超えをしてるんですよ。(※6/5の試合終了時点)

 

 

井森 あっ、そうですね。

 

高木 交流戦チーム打率が2割9分9厘。今日は桑原と伊藤の活躍で勝ったんですけど、この桑原と伊藤がもっと頑張れば交流戦の優勝が有り得る。

 

井森 そうですね。交流戦明けのリーグ戦再開もますます楽しみにもなりますよね。

 

高木 そうですね。

 

 

以上です。

打線の面子を見たら打つ選手が揃ってますからね。
おすすめの記事