2019年1月に読売テレビで放送された『朝生ワイド す・またん』で昭和のプロ野球を語るというテーマで山田久志と川藤幸三が対談しています。今回のPart3では『阪急のチーム内の派閥争い』と『阪神のチーム内の派閥争い』について語っています。

 



阪急の派閥争い

山田 阪急は仲がいいって言われてたけど、チームの中ではいっぱいあるからね。

 

川藤 やっぱり衝突はあるんでしょ?

 

山田 あるある。ライバル間もあるし、派閥もあるしな。

 

川藤 やっぱり。

 

山田 俺がまずプロ入りした時に一番最初に感じたのは『ヨネカジ』っていたやん。

 

川藤 はいはい。

 

山田 米田さんと梶本さんの両巨頭や。

 

米田哲也投手 右投手

1956~1975年に阪急に在籍

プロ野球歴代2位の350勝をマーク

 

梶本隆夫投手 左投手

1954~1973年に阪急に在籍

通算254勝をマーク

 

 

川藤 あの2人の関係性はやっぱり悪かった?

 

山田 悪かった。悪かった~(笑) それで入団した頃はどっちにも誘われるわけよ。

 

川藤 はいはい(笑) 分かりますわ(笑)

 

山田 「ヤマ、飯食いに行くぞ 用意しとけよ」って両方に誘われる時があるやん。そうしたら両方とも断らんといかんやん。

 

川藤 はい(笑)

 

山田 秋田出身の田舎者やから「すいません 今日知り合いが秋田から来て一緒に行かなアカンのですわ 今日しか会えんのですわ」って。そういう時に限って街で会うんだよ!

 

川藤 ハハハ(笑)

 

山田 普段は会わないのに。「おい 山田 お前の知り合いはあの女の子かい」って。

 

川藤 ハハハ(笑)

 

山田 「俺らの誘いを蹴って女の子とデートかい」って。うわ~って思ったことが何回もあったね。やっぱり世間は狭い。

 

 

阪神の派閥争い

山田 阪神でもあったはずやで。

 

川藤 阪神にワシが入った時に村山、吉田の両巨頭が有名でしょ。

 

村山実投手

1959~1972年に阪神に在籍

通算222勝をマーク。

 

吉田義夫内野手

1953~1969年に阪神に在籍

華麗なショートの守備で牛若丸と呼ばれた

 

 

山田 この2人の関係は阪神間だけじゃなくて、北海道から沖縄まで知ってたよ。

 

川藤 ハハハ(笑)

 

山田 ムラさんと吉田さんは本当に合わないんだっていう話。あの2人が親密に喋ってるの見たことないもんね。

 

川藤 だって喋んないんですもん。極端な話、ゲーム中も吉田さんがショートを守って、村山さんが投げる。ちょっとでも投球リズムが長かったら、もう「こんなタイミングがトロトロした奴の後ろで守れるか」って。守備の一歩目のスタートを遅らせるとかね。

 

山田 よくあるよなあ(苦笑) 昔はそういうのが強烈やったな。あからさまやもんな(笑)

 

その他の対談内容はこちら

 

以上です。

人間関係は面白いです。

おすすめの記事