2019726日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初ホームランを含む4安打の大活躍を見せた広島カープの小園海斗について元横浜の平松政次、元阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



小園のヒーローインタビューの一部

―プロ初ホームランの感触

小園 本当にフルスイングして、入ってくれたんで良かったと思います。

 

―先輩が9回に打順を回してくれた

小園 とにかく繋いで絶対に打ってやろうという気持ちで打席に入りました。

 

―その打席で2塁まで行ったが3塁は狙ったか?

小園 やっぱりそこで行けば良かったな、とそこでは思いました()

 

江本、平松、高木豊が語る

この日の小園の打撃内容
1打席目 センター前ヒット
2打席目 ライトホームラン(打点3)
3打席目 センター2塁打
4打席目 空振り三振
5打席目 レフト2塁打(打点1)
シーズン打率.289(7/26の試合終了時点)
5打席目で3塁突入を迷いタッチアウト

 

高木 (ヒーローインタビューが)可愛いね() いい選手だねぇ。

 

アナ 豊さんはずっと応援してますもんね。

 

高木 応援してる。華がある。江本さん、あわやサイクルヒットですよ。

 

江本 本当に3塁まで行けば良かったのに。

 

高木 本当に() あれちょっとでも躊躇して止まるとダメなんですよね。

 

江本 あれ行っとけば絶対にセーフだった。あれは絶対に送球で違うところに投げてくれたと思う。

 

高木 そうですか() え?そっち?()

 

江本 いや、だってヤクルトは優しいもん。

 

高木 まあそうですね()

 

江本 ヤクルトの連中はね。まあ、それにしてもやっぱり今年の新人で高卒で大騒ぎされたのが出てこないんだけど、この小園が出てきたから良かった。

 

 

高木 うん。平松さん、なんかチームを救うような活躍ですよ。エースの大瀬良を助けるような。

 

平松 そうですね。

 

高木 今日は守備でもいいプレーがありましたしね。

 

平松 うん。本当にこの小園という選手が高校生の中ではナンバーワンだろうという評判で、やっぱりその働きをしてるし、体が他の選手よりもしっかりしていて大きいんですよね。

 

高木 そうですよねぇ。

 

平松 あとは守備だけだよね。

 

高木 一回守備で2軍に落とされて、それからまた上がってきて動けるようになってますよね。

 

平松 ですよね。若い選手だから前向きにやってますよね。それが何よりですよ。

 

高木 はい。

 

アナ 豊さんはバッティングを褒めていましたけど、どこがいいんですか?

 

高木 バッティングは目付けがいいですね。

 

アナ 目付け?

 

高木 うん。インパクトのときに目がついていってる。

 

アナ なるほど。

 

高木 相当な選手になると僕は期待しています。

 

 

以上です。

前評判通りの実力を見せています。
おすすめの記事