2019129日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でウインターリーグ終盤でも好調な中日ドラゴンズの根尾昴について元横浜の平松政次、元日ハムの岩本勉、元中日巨人の井端弘和がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



12/7の根尾の打撃成績
1打席目 センター前ヒット(打点1)
2打席目 セカンドゴロ
3打席目 セカンド内野安打
4打席目 ショート内野安打

 

アナ 127日にあったNPBホワイトVS社会人選抜試合について聞いていきましょう。NPBホワイトは敗れはしましたが中日の根尾選手が攻守共に活躍してましたね。

 

岩本 はい。ちょっと遠慮がちなプレーがウインターリーグの始まりでは目立ってたんですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 まあ彼も環境にも慣れて、自分のプレーを素直に表現できるようになったと僕は感想を持ってるんですね。井端さん、根尾選手はいかがですか?

 

井端 構えも少し変えて、今までよりかは少し自分の中心より前でバットを構えるようにしている工夫が見られますし、下半身の方も少しがに股にしてね。

 

岩本 はい。

 

井端 その辺で間が取れてボールにアジャストしやすくなってるんじゃないかと思いますけどね。

 

岩本 なるほど。環境も変わり、自分に対して課題を持てるようになってるんでしょうかね。

 

井端 そうですね。まあ外野は走り回れるんでね。その辺で野球をやってるという感覚があるんじゃないかなと思いますし。

 

岩本 あっ、その辺でバッターボックスにも反映されていると?

 

井端 そうですね。やっぱりずっとショートというポジションだと、まあショートも動きますけど、そこまで全力で走ったりはないので。

 

岩本 うんうん。

 

井端 その辺で走り回れて、打って、それでベースランニングもしっかりしてっていうので、本来の根尾選手のイキイキしたプレーが出てきてるんじゃないかと思いますけどね。

 

岩本 井端さんも好感触ということですね。

 

井端 そうですね。併用で内野だけじゃなく外野もやっていけばドンドンいいものが出てくるんじゃないですかね。

 

岩本 色んな野球を覚えますしね。

 

井端 そうですね。

 

 

以上です。

色々と発見することが大事でしょう。
おすすめの記事