2018年9月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs福岡ソフトバンクホークス戦で持ち味を存分に発揮した埼玉西武ライオンズの強さについて元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



アナ 昨日に続いてライオンズが勝利して2位ソフトバンクとのゲーム差が5.5に広がりました。

 

岩本 はい。

 

アナ ここで辻監督の試合後のコメントです。

 

辻 疲れました。でも勝てて良かったです。(初回のライト金子の大ファインプレーについては)あれが今日の試合の一番のポイントだと思います。あれが抜けてたら2点3点といかれていた可能性が大きいんで、もうあのプレーが本当に今日イチのプレーでしたね。

 

 

岩本 初回にああいうビッグプレーが出るとピッチャーも乗っていくんですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 豊さん、この金子のダイビングキャッチ、そして初回のライオンズの攻撃はもう電光石火の野球と言ってもいいぐらいの展開でしたね。

 

高木 そうですね。まあ、金子のファインプレーについては、真中さんは外野手だからよく分かると思うんですけど。

 

真中 そうですね。直で落下地点に行くとフェンスが怖くて飛び込めないんですよね。

 

岩本 うん。

 

真中 金子はフェンス沿いを走っているんですよね。

 

高木 途中で走るコースをちょっと変えるんだよね。

 

岩本 あー。

 

高木 フェンス沿いを走るようにするとフェンスに当たる心配がないから、飛び込めたという。

 

岩本 うーん。

 

高木 もうここら辺がね。

 

真中 もうこれはセンスです。

 

高木 センスだよね。

 

岩本 そして、もうゲーム差があまりにも広がりましたけども、この連敗はやっぱりホークスにとってはキツイですか?

 

高木 いやいや、そりゃキツイよね。

 

岩本 はい。

 

高木 これで楽になったなんて言えないしね。

 

岩本 これ初回にヒット、3塁打、2塁打、ホームラン。

 

高木 うん。ただ、昨日(9/15)の試合だよね。その流れだよね。

 

岩本 はい。

 

高木 この初回、2回のライオンズの攻撃というのは。

 

岩本 なるほど。

 

高木 だから、ノヒノビとファーストストライクからね。だから、もう立ち上がりが悪かったら、ガンちゃんでも球数が増えてもいいから試合中に調整したい時ってあるでしょ?

 

岩本 あります。自分のペースに持っていきたくなるんですよね。

 

高木 だけど、ライオンズはファーストストライクを尽く打ってくる。

 

岩本 はい。

 

高木 それもミスショットなしでね。だから、もう大竹はペースが掴めないんだよね。

 

岩本 これライオンズは優勝へのプレッシャーとかは感じてないんですかね?

 

高木 いや、感じてる中での弾けだよね。

 

真中 もう今年の西武の象徴のような勢いのある試合でしたね。

 

岩本 なるほど。

 

 

以上です。

もう優勝はほぼ決まりかもしれません。

おすすめの記事