2018年9月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.阪神タイガース戦で横浜DeNAベイスターズの先発の今永昇太が早々に降板し、その後に5人の投手をつぎ込んでしまった投手起用について元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



岩本 豊さん、DeNAは序盤にこれだけの大差を付けられたにも関わらず、出てくるリリーフのピッチャーが普段と変わらない逃げ切りのような。

 

高木 勝ちゲームのね。

 

岩本 はい。そのような投手起用に感じたんですけど、これはどういう感想を持たれていますか?

 

スコア①今永2回1/3被安打6失点6
2-3②田中0回2/3被安打2失点5
2-11③エスコバー1回被安打1失点0
3-11④石田2回被安打2失点0
4-11⑤三嶋1回0/3被安打6失点7
4-11⑥砂田2回被安打2失点2

 

高木 いや、もう投げさせるピッチャーがいないですからね。だから、仕方ないっちゃ仕方ないですよ。

 

岩本 はい。

 

高木 もう今永が全員に飯を奢るか何かしないと割りが合わんというか。

 

真中 ハハ(笑)

 

高木 そりゃね、ラミちゃんも使いたくなかったと思いますよ。

 

岩本 うーん。

 

高木 でも、やっぱり残っているピッチャーを考えると、山崎康晃とか三上とパットンしか残っていないからねぇ。

 

真中 そうですよね。

 

高木 最後の3人だけは守らないといけないから、誰かがかぶるしかないよねぇ。

 

真中 そうですねぇ。

 

真中 今永の次に投げた田中に期待してね、田中が好投したらロングリリーフさせたと思うんですけど、その田中が3分の2イニングしか投げられなかったんでね。

 

岩本 あぁぁ。

 

真中 まあ、本来ですと三嶋と砂田あたりは使いたくなかったと思うんですけども。今日は苦しい継投になりましたよね。

 

高木 ピッチャーの藤浪に満塁ホームランを打たれたショックも残るだろうしねぇ。

 

真中 そうですねぇ。だから、田中も代えざる負えなかったでしょうね。

 

岩本 でも、一人は複数イニングを投げてくれるだけでかなり変わったと思うんですけどね。

 

真中 そうですね。あとは負けゲームを覚悟して石田を4イニング投げさせるとういう投手起用でも良かったのかなと思いますけどね。

 

岩本 なるほど。

 

 

以上です。

批判でいくのかと思いきや仕方ないというトーンでした。

おすすめの記事